大阪桐蔭智辯学園を破り、3年ぶり6度目の近畿大会優勝を果たした、2012年以降に限っては5回目の優勝。その夏はすべて甲子園出場を決めており、大阪桐蔭にとっては良いデータだ。

 大阪桐蔭は今年のセンバツで史上初の初戦敗退を喫した。当時から近畿の頂点に勝ち上がるまでの軌跡を追った。


 らしくない。

 実はセンバツ初戦敗退を喫した大阪桐蔭の戦いを見ていたOB選手たちに取材する機会があった。先輩たちは口を揃えてらしくないと語ったのだ。どういうところなのか?それは投手力でも打撃力でもなく連携プレーだ。

 大阪桐蔭の強さといえば、常に全力疾走、スキのないカバーリング、鮮やかな連携プレーなど高校生とは思えない守備力の高さを発揮していたのだ。センバツでの関戸 康介松浦 慶斗の不調は確かに誤算だったと思うが、今までの大阪桐蔭ならば、当たり前のようにできていなかったことが徹底されていなかった。そこに先輩たちは「らしさ」が欠けているように感じたのだ。

 もちろんこの「当たり前」ができるために、徹底とした反復練習が必要とする。大阪桐蔭OBに話を聞くと、高度な連携プレーができるためには日々の実戦練習で繰り返し行って、覚えていくと話す。ただ、今年は緊急事態宣言もあり、練習時間に大きな影響があった。それもあって、チームとして完成できなかったのはあるだろう。

 ただ西谷監督は選手たちにこう問いた。
 「主将の池田には、初戦敗退して、おこがましいかもしれませんが、俺は日本一を狙っている。ただ日本一を口にするのは簡単。もう一度、本気で日本一になりたいのか、選手に聞いてほしいと。それからの練習姿勢、生活面の取り組みについては私は関与していません」

 池田は「基礎的なことはできていなかったですし、技術面云々よりも、まずはすべてにおいて一からやり直しをしました」

 私生活、練習態度、練習でもカバーリング、全力疾走など。遊撃手の藤原 夏暉は「出来ない時はチームメイト同士で指摘しあいました」と振り返る。

 大阪府大会では圧倒した戦いぶりで優勝。近畿大会では特に準決勝からロースコアの試合を制した。準決勝の智辯和歌山戦では3対2でサヨナラ勝ち、そして決勝戦の智辯学園戦では4対2とサヨナラ勝ち。2度負けている相手に、無失策試合を実現し、その中で球際の強さが見えた好プレーや、9回表には無死一塁の場面から前川 右京の右前安打に、花田 旭が三塁へ素晴らしい送球を見せ、進塁を阻止。まさに守り勝ちとも言える試合で、課題である守備、投手陣の底上げに成功を見せた。

 試合後、池田は「こうして近畿大会が優勝できて、日本一を目指す上で大きな1勝でした」と振り返り、西谷監督も「まだまだなところは多くありますが、粘り強く勝てたのは良かったことです」と選手の成長を評価した。

 わずか2ヶ月で、ここまでのチームにまで成長した大阪桐蔭。センバツの敗戦をしっかりと受け止め、課題を克服していく様子が見えた。あと願うのは、関戸 康介松浦 慶斗の完全復活である。才能として世代を代表する逸材だからこそ、ベストパフォーマンスを期待したい。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。