今年の選抜が好遊撃手の存在が目立つというより、だいぶ遊撃手のレベルが高まった。一流遊撃手のプレー動画を閲覧しながら、自身の守備技術に活かす声が多くあり、着実にレベルアップをしている。今回は守備面で目についた遊撃手を紹介したい。

 好遊撃手揃いの今大会のセンバツの中で、並外れた動きをしていたのが、大塚 瑠晏(東海大相模)だろう。一歩目の動き、打球に追いつくまでのスピードが桁違い。持ち替えのスピードも速く、上のステージでも二遊間で勝負できる人材だろう。

 東海大甲府中澤 空芽は精度の高い守備を見せる好遊撃手だ。一番惹かれたのは、スローイング技術と捕球技術を兼備した選手であること。深い位置から投げ込む送球は力強さは高校生のレベルを超えており、大学生、社会人の遊撃手を見ているようであった。送球に関しては大塚よりも優れている選手ではないだろうか。

 総合力の高さについては瀬尾 秀太(広島新庄)も安定感のある動き、グラブ捌きが巧みな選手で、上のレベルでも二遊間で勝負できる逸材だった。

 幸 修也 (明豊)は失策0の明豊を支えた遊撃手。抜群の強肩やスピードを見せる選手ではないが、なんといっても球際が強く、執念強さを感じる守備は見応えがある。

 岡島 光星(智辯学園)もステップワークが実に軽快で、好守備を見せる遊撃手だ。強打者が多い智辯学園の打者の中では貴重なスピード&守備型の選手だ。



米崎 薫暉選手(明徳義塾)

 大会前から出場校トップクラスの遊撃手として取り上げられた米崎 薫暉(明徳義塾)も前評判通りの動きを見せた。球際も強く、守備範囲も広く、安定した守備で投手陣を支えた。柳沢 樹(上田西)もバランスがとれか巧打型の遊撃手だ。杉下 海生(天理)の安定感抜群の遊撃守備も見応えがあった。

 川口 翔大(聖カタリナ)はパンチ力の高さが光る打撃と身体能力の高さが伺える遊撃守備は見応えがある。

 宮下 朝陽(北海)はセンバツでは思うような活躍はできなかったが、強肩強打の遊撃手として、今後もマークしたい。

 中村 碧人(宮崎商)は豪快なスイングで長打を量産する強打型の遊撃手、メカニズム的にも長打を打てる選手。守備については確実性など向上が必要となりそうだ。

 遠藤 瑠祐玖(柴田)は、小刻みなステップワークで好守備を見せ、非常にレベルが高い遊撃手だった。

 高山 隼(東播磨)は抜群の動きを見せる好打の遊撃手で現在の2年野手ではトップレベルのプレイヤーだろう。また東海大相模深谷 謙志郎は大塚の離脱後に出場した遊撃手だが、基本に忠実で球際も強く、新チームでは不動の遊撃手になりそうだ。

(文=河嶋 宗一