センバツは東海大相模の優勝で幕が閉じた。大会終盤になると、上位進出チームのエースの球数である。さらにけががあるとその議論はヒートアップする。今年は中京大中京畔柳 亨丞天理達 孝太の存在により過熱した。

 現在、実施されている「1週間500球」は試行期間中だという。次なるルールがもし厳格となった場合、どうなるのか。

 現在の高校野球で、より厳しい球数ルールが適用されているものといえば、「WBSC(世界野球ソフトボール連盟)」が制定するルールだろう。このルールをもう一度整理するとこうなる。

1球から49球 休養日なしで連投可能
50球から104球 中1日
105球以上 中4日

 このルールはU-18ワールドカップに出場すると適用され、読者の中でも出場投手の球数を見ながら、ゲームを見ていた方も多いだろう。

 日本の高校球児すべてがあてはまるものではないが、日本代表になりたい投手にとっては、頭に入れないといけないルールだといえる。

 球数について意見したいけれど、具体的な提案が浮かばないという方もぜひみていただきたいと思う。

 今回サンプルにしたいのは、ベスト4まで勝ち進んだ東海大相模明豊中京大中京天理の4チームだ。

東海大相模

1回戦 東海大甲府 3月20日 
石川永希 104球
石田 隼都  52球

2回戦 鳥取城北 3月26日
求 航太郎 55球
石田 隼都 70球

準々決勝 福岡大大濠 3月29日 
石田 隼都 116球

準決勝 3月31日
石田 隼都 122球

決勝 4月1日
石川 永稀 90球
求 航太郎 36球
石田 隼都 43球

明豊

1回戦 東播磨 3月22日
京本 眞 47球
太田 虎次朗 64球
財原 光優 102球

2回戦 市立和歌山 3月26日

太田 虎次朗 90球
財原 光優 40球

準々決勝 智辯学園 3月29日

京本 眞 64球
太田 虎次朗 73球
財原 光優 66球

準決勝 中京大中京 3月31日
太田 虎次朗 101球
京本 眞 39球

決勝 東海大相模 4月1日

太田 虎次朗 87球
京本 眞 24球

天理

1回戦 宮崎商  3月20日
達 孝太 161球

2回戦 健大高崎 3月25日
達 孝太 134球

準々決勝 仙台育英 3月29日
達 孝太 164球
仲川 一平 16球

準決勝 東海大相模
仲川 一平 107球
南沢 佑音 11球

中京大中京
1回戦 専大松戸 3月25日 
畔柳 亨丞 131球

2回戦 常総学院 3月27日
畔柳 亨丞 110球
松葉 新叶  20球
柴田 青   32球

準々決勝 東海大菅生 3月29日
畔柳 亨丞 138球

準決勝 明豊 3月31日
柴田 青 77球
畔柳 亨丞 31球
大江 嶺 50球