第1028回 近畿準々決勝敗退4チームの戦力が強力!今年も熾烈な近畿5枠目、6枠目の争い2021年01月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]攻撃力の高さを見せた龍谷大平安、タレント揃いの智辯和歌山
[2]大黒柱が存在する天理、神戸国際大附の評価ポイントは?

 甲子園、地方のいろんな大会の試合を見ていると、近畿地区のレベルの高さに驚く。その近畿地区を勝ち抜いた学校が優勝を争う近畿大会のレベルが高くて当然である。

 今年も近畿地区5枠目、6枠目の争いが非常に熾烈。今回、近畿大会ベスト8で敗れた学校はどこも強い。地域性、試合内容などもろもろ判断して決めていくことになるが、1つ言えるのは、準々決勝敗退4チームはどこが選ばれてもワクワクするチームということだ。

関東編はこちらから!
激論になりそうな関東・東京6枠目。成績面で圧倒している学校があるが…

攻撃力の高さを見せた龍谷大平安、タレント揃いの智辯和歌山



昨秋全8試合で70得点を記録した龍谷大平安

龍谷大平安(京都1位)
【昨秋の戦績】
8試合7勝1敗
総得点 70
総失点 21

 昨秋、京都大会を制した龍谷大平安。魅力は攻撃力の高さ。京都二次予選決勝までの63得点と高い攻撃力を武器にする。打線の核となるのは、巧打者の吉田 元、6番打者ながら勝負強い打撃を見せた辻村 大我など切れ目のない打線が特徴。投手陣は継投策で勝負。絶対的なエース、4番はいるわけではないが、名門らしく個々の能力は高い。準々決勝の智辯学園戦では終盤に突き放されてしまったが、安定した強さを実感させる。

智辯和歌山(和歌山3位)
【昨秋の戦績】
9試合6勝3敗
総得点 52
総失点 22

 智辯和歌山も「県3位、市立和歌山に3連敗だけれど、それでも魅力的!」と思わせるようなタレント揃いのチームだ。総得点52と攻撃力も高く、近畿大会後の香川県招待試合では4連勝と実力は抜きん出ている。

 エース・中西 聖輝は最速144キロの速球、大型左腕・高橋 令。打線ではプロ注目の大型スラッガー・徳丸天晴、U-15代表だった岡西 佑弥渡部 海、そして投打ともに才能あふれる逸材・武元 一輝と楽しみな選手が多い。どうなるのか楽しみなチームだ。

【次のページ】 大黒柱が存在する天理、神戸国際大附の評価ポイントは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第172回 2年生だけで通算本塁打230本超。超強力打線・健大高崎を作り上げる打撃理論と練習法【前編】【野球部訪問】
第1031回 過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!【大会展望・総括コラム】
第175回 智辯和歌山の大砲、中学時代から騒がれた怪腕などセンバツを逃した逸材たち【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第173回 鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1295回 「今までで一番悔しかった…」ドラフト上位候補右腕・達孝太(天理)が味わった大阪桐蔭戦の屈辱【後編】 【2021年インタビュー】
第1295回 先発完投型投手を目指して。達孝太(天理)が100球以上の投げ込みをして得たもの【前編】 【2021年インタビュー】
第1298回 145キロ右腕・阪上翔也(神戸国際大付)が語った投手として飛躍した秋【後編】 【2021年インタビュー】
第1298回 ポテンシャルは坂口以上。二刀流・阪上翔也(神戸国際大附)が痛感した高校野球のレベル【前編】 【2021年インタビュー】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs乙訓【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1245回 規格外のスラッガー・佐藤輝明(近畿大)はなぜ人気が集まるのか?成功の鍵はマイペースを貫く人間性 【2020年インタビュー】
センバツ2021
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム