第1028回 激論になりそうな関東・東京6枠目。成績面で圧倒している学校があるが…2021年01月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]鎌倉学園、国学院栃木、木更津総合のポイント
[2]注目の東海大相模、日大三のポイントは?

 1月29日、センバツ出場校が発表される。センバツ候補132校となっているが、実質、ここまで勝ち上がれば、選考の可能性は高いと思うラインはある。しかし一方でボーダーラインを争う強豪校同士の選考だ。特に熾烈を極めるのは関東・東京の6枠目、近畿6枠目、21世紀枠である。まずは関東地区だ。

 関東地区はベスト8で敗れた4校と東京地区は準優勝に残った1校が6枠目を争う形になりやすい。では関東4校と東京都準優勝の日大三の成績を紹介したい。

鎌倉学園、国学院栃木、木更津総合のポイント



千葉王者・木更津総合

鎌倉学園(神奈川2位)
【昨秋の戦績】
9試合7勝2敗
総得点61
総失点30

 県大会では桐蔭学園相手に5回コールド勝ちを収めたり、ここ一番の集中打が凄いのが強み。ただ、関東大会2試合で13失点、10四死球(四球8、死球2)と投手陣の内容がネックか。

國學院栃木(栃木1位)
【昨秋の成績】
8試合7勝1敗
総得点53
総失点41

 前チームのような強力投手陣ではなく、継投策で勝ち上がるチームカラーの國學院栃木。常に接戦を演じており、失点も多い試合も多い。それでも勝ち抜いているのは選手の粘り強さだけではなく、試合前の周到な対策だ。たとえば、関東大会の初戦では東京学館と対戦したが、無観客試合ではあったが、その中でも出来る限りの対策をして、シフトなどを敷いて接戦を制した。

 ただ準々決勝の健大高崎戦で1対8のコールド負けが痛いか。接戦で勝ち上がるチームは最後まで接戦を貫きたかったところだ。

木更津総合(千葉1位)
【昨秋の戦績】
8試合7勝1敗
総得点 56
失点  18

 昨秋の関東大会でも優勝候補として期待され、県大会でもダントツの戦いを見せた木更津総合。県大会では55得点、9失点と非の打ち所がない内容だ。しかしスーパーシードとして登場した準々決勝・常総学院戦で、1対9。自慢の投手陣が17安打、9失点という内容に終わったのは痛かった。

【次のページ】 注目の東海大相模、日大三のポイントは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 全国トップクラスのスラッガー、144キロ右腕。昨秋千葉ベスト8から選ぶタレントたち【大会展望・総括コラム】
第1029回 超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名【大会展望・総括コラム】
第1029回 高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名【大会展望・総括コラム】
第1028回 東京・関東6枠目は東海大相模に!吉報をもたらした「3者連続セーフティバント」【大会展望・総括コラム】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1292回 千葉で難攻不落の存在となった篠木健太郎(木更津総合)の3年間の軌跡 【2020年インタビュー】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立小山台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1261回 193センチの大型右腕・シャピロマシュー 一郎(国学院栃木)は佐々木郎希型フォームで急成長 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
鎌倉学園 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
國學院栃木 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム