第1033回 神村学園の独走を食い止めるのは? 求められる「500球制限」への対応2021年01月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 秋の九州大会は神村学園の8強が鹿児島勢の最高戦績。来春のセンバツ出場は厳しい状況だ。

 夏季大会、秋の九州大会予選、1年生大会、2020年にあった全ての県大会を制した神村学園が21年も優勝候補の本命として、各校がマークする存在になるだろう。

神村学園の独走に待ったをかけるのは?



樟南の左腕エース・西田恒河

 夏季大会はオール3年生で臨んだため、1、2年生チームは実戦経験が不足していた神村学園だったが、秋の鹿児島大会は1戦ごとに力をつけて頂点に立った。投・攻・守に力強く、スキなく、そつのない野球がチームの伝統として継承されているのを感じる。

 2年生左腕・泰 勝利が大黒柱として成長し、1年生左腕・内堀 遼汰も経験を積んで、ゲームを作れる左腕2本柱が安定している。打順は日替わりだが、リードオフマンの長谷 杏樹主将(2年)、秋にブレイクした前薗 奎斗(2年)、甲斐田 紘整(2年)らがけん引し、ここ一番での勝負強さを見せている。

 九州大会は明豊(大分)にまさかの逆転負けで4強入りを逃した。夏に向けての更なるレベルアップを目指す。1年生大会でも準決勝で樟南、決勝は鹿児島実と強豪に勝って優勝し、チームの底上げにつながったことだろう。

 樟南鹿児島城西鹿屋中央鹿児島実などの強豪私学勢は神村学園の独走に「待った」をかけられるか。

 樟南は左腕エース・西田 恒河(2年)が計算できるエースとして君臨する。打線は尾﨑 空(2年)、下池 翔夢主将(2年)、小峰 康生(2年)の中軸に当たりが出て得点力も上がった。西田以外の投手育成が春以降の大きな課題になりそう。

 今年初めて甲子園の土を踏んだ鹿児島城西乗田 元気主将(2年)、長 隆稀(2年)ら前チームから主力を担った2年生が豊富に残っている。攻撃力は間違いなく県下トップクラスだが、課題は投手力。計算できるエースの台頭が待たれる。

 大隅の雄・鹿屋中央も攻撃力の高いチーム。秋の鹿児島大会は右腕・峯山 叶聖(2年)が力強い投球で守備のリズムを作った。左腕エースで主将の折尾 凛(2年)の復調に期待したい。

 秋の鹿児島大会では3回戦でライバル・鹿児島城西に敗れた鹿児島実も1年からマスクをかぶる城下 拡主将(2年)、エース大村 真光(2年)と個々の力は十分優勝を狙える力はある。れいめい尚志館出水中央も力を秘めている。

【次のページ】 大会日程次第で「1人1週間500球」の適用も

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第171回 逆境下”別府に活気を”明豊指揮官が宿した執念【野球部訪問】
第8回 両打13人 公立校・出水が講じた奇策【冬が僕らを強くする2021】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第166回 2年連続東海大会進出の加藤学園など東海地区の2021年に注目すべきチームは?【高校野球コラム】
第165回 打倒・中京大中京!球国愛知の2021年の注目チームは古豪・国府と全三河Vの日本福祉大附【高校野球コラム】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs樟南【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム