第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る2020年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 日本中、いや世界中が新型コロナウイルスに苦しみ抜いた2020年も間もなく終わろうとしている。野球界も例外なく厳しい一年を過ごした中、四国の高校野球では今年、何が起こったのか?

 今回は少し「高校野球」という枠からはみ出しながら振り返ってみたい。

四国地区大学生、社会人の奮闘、現役球児への大きな刺激に



四国学院大・中尾 明生監督・渡辺 智男スカウトと共に写真に収まる埼玉西武ライオンズ育成5巡目・水上 由伸

 2020年、秋から冬にかけて四国の野球界で大学・社会人カテゴリーでの歓喜が相次いだ。まず10月26日のプロ野球ドラフト会議では四国学院大・水上 由伸投手(帝京三<山梨>出身)が埼玉西武ライオンズから育成5巡目指名。3名が指名を受けた四国アイランドリーグplusを除けば四国内で唯一のドラフト指名選手となった。

 四国学院大出身としては2001年・広島東洋カープ10巡目指名の天野 浩一(高松西<香川>出身)、JR西日本を経て2015年に千葉ロッテマリーンズから7巡目指名を受けた高野 圭佑(呉工<広島>出身)両投手に続く3人目。かつ高校時代以来となる投手復帰1年あまりで最速150キロを出しての快挙達成は、「次のステップ」で夢実現を目指す四国高校球児へ大きな励みとなったに違いない。

 また11月末には、社会人・都市対抗野球で四国銀行(高知市)が2勝をマークしチーム史上初、四国勢としても1977年・丸善石油(松山市・廃部)以来43年ぶりとなる8強入りで大会3大表彰の1つ「小野賞」を初受賞。

 八幡浜(愛媛)出身・菊池 大樹投手(龍谷大卒5年目)の優秀選手賞受賞、来季ドラフト候補にもあがる水野 達稀丸亀城西<香川>出身2年目・JR四国から補強)遊撃手のパナソニック(門真市)戦3安打など、「元・四国高校球児」が全国で結果を出したことで、現役球児たちにも新たな選択肢が生まれたといっても過言ではないだろう。

【次のページ】 苦難の中に見えた「令和版・四国スタイル」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1031回 過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!【大会展望・総括コラム】
第5回 四国の横綱・明徳義塾 東北王者・仙台育英と大会初日に激突!【センバツ2021】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
第1298回 151キロ右腕・森木大智(高知)「波瀾万丈」の2020から「限界突破」の2021へ 【2021年インタビュー】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
高松商vs高知【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第1145回 最速150キロ右腕・森木 大智(高知2年)「波瀾万丈」の1年を経て熟成の時へ! 【2020年インタビュー】
四国発
明光 竜之介(広島新庄) 【選手名鑑】
川原田 純平(青森山田) 【選手名鑑】
漁府 輝羽(おかやま山陽) 【選手名鑑】
興梠 奨英(延岡学園) 【選手名鑑】
矢崎 友規(蓮田松韻) 【選手名鑑】
照喜名 洸希(小林西) 【選手名鑑】
河治 零(庄和) 【選手名鑑】
國領 浩哉(中京) 【選手名鑑】
棟方 裕樹(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
合田 明弘(松山城南) 【選手名鑑】
阿部 剣友(札幌大谷) 【選手名鑑】
阿部 克哉(柳井商工) 【選手名鑑】
荒木 友斗(加茂暁星) 【選手名鑑】
板橋 健太郎(盛岡大附) 【選手名鑑】
稲堀 隼士(大阪商大堺) 【選手名鑑】
井上 海音(松戸馬橋) 【選手名鑑】
植 幸輔(高野山) 【選手名鑑】
氏家 蓮(大崎中央) 【選手名鑑】
内海 拓哉(徳島商) 【選手名鑑】
漆原 幻汰(豊川) 【選手名鑑】
江原 恭眞(鬼怒商) 【選手名鑑】
大城 雄一郎(小林西) 【選手名鑑】
大城 真乃(宜野座) 【選手名鑑】
太田 大和(山形中央) 【選手名鑑】
大西 智起(宮崎日大) 【選手名鑑】
置鮎 久史(鹿屋中央) 【選手名鑑】
影田 圭拓(明星学園) 【選手名鑑】
梶 斗海輝(麗澤瑞浪) 【選手名鑑】
片山 維(帝京第五) 【選手名鑑】
片山 隼一(埼玉栄) 【選手名鑑】
加藤 大(横浜隼人) 【選手名鑑】
菊池 大樹(八幡浜) 【選手名鑑】
岸本 暖(福岡第一) 【選手名鑑】
北沢 勇都(浜松湖北) 【選手名鑑】
橘高 康太(ノースアジア大明桜) 【選手名鑑】
久保田 大斗(武田) 【選手名鑑】
黒飛 海太(屋久島) 【選手名鑑】
小芝 永久(千葉学芸) 【選手名鑑】
小玉 和磨(高松中央) 【選手名鑑】
榮 龍騰(津田学園) 【選手名鑑】
榊原 史也(東浦) 【選手名鑑】
阪本 和樹(松阪商) 【選手名鑑】
笹谷 虎次郎(山本) 【選手名鑑】
佐藤 悠也(松蔭) 【選手名鑑】
佐藤 雄飛(中越) 【選手名鑑】
重松 マーティン 春哉(武田) 【選手名鑑】
島田 倭吉(茨城東) 【選手名鑑】
シャピロ マシュー 一郎(國學院栃木) 【選手名鑑】
新庄 涼基(大阪偕星学園) 【選手名鑑】
末田 龍祐(大分商) 【選手名鑑】
鈴木 祥汰(オイスカ) 【選手名鑑】
関口 大耀(川越工) 【選手名鑑】
曽我 幸大(日向学院) 【選手名鑑】
髙寺 望夢(上田西) 【選手名鑑】
田川 駿祐(沖学園) 【選手名鑑】
竹島 康太(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
竹谷 佳将(帯広北) 【選手名鑑】
田島 雄剛(舞子) 【選手名鑑】
田中 秀太(山形城北) 【選手名鑑】
谷川 唯人(立正大淞南) 【選手名鑑】
田上 奏大(履正社) 【選手名鑑】
玉置 隼翔(和歌山東) 【選手名鑑】
長宗我部 健太郎(北野) 【選手名鑑】
寺本 聖一(広島商) 【選手名鑑】
中川 優陽(星翔) 【選手名鑑】
中島 友輝(大師) 【選手名鑑】
中島 愛喜(ルーテル学院) 【選手名鑑】
中野 礼音(東住吉総合) 【選手名鑑】
長尾 光(ノースアジア大明桜) 【選手名鑑】
長嶺 良亮(日向学院) 【選手名鑑】
長元 涼也(星翔) 【選手名鑑】
西濱 勇星(関東学園大附) 【選手名鑑】
西原 凜(開星) 【選手名鑑】
西山 成哉(渥美農) 【選手名鑑】
西山 天羽(倉敷鷲羽) 【選手名鑑】
野口 湊(厚木北) 【選手名鑑】
則次 叡之(ルーテル学院) 【選手名鑑】
花田 清志(れいめい) 【選手名鑑】
濵口 竜成(みどり清朋) 【選手名鑑】
林 柊頼(拓大紅陵) 【選手名鑑】
林 龍之介(春日井商) 【選手名鑑】
春木 太陽(大牟田) 【選手名鑑】
平尾 蒼凱(ノースアジア大明桜) 【選手名鑑】
平川 龍星(博多) 【選手名鑑】
平山 雄大(大阪商大堺) 【選手名鑑】
福島 章太(倉敷工) 【選手名鑑】
藤田青空(弘前東) 【選手名鑑】
二俣 翔一(磐田東) 【選手名鑑】
渕上 竜椰(早鞆) 【選手名鑑】
古市 尊(高松南) 【選手名鑑】
堀田 智貴(生光学園) 【選手名鑑】
誉田 貴之(福岡工大城東) 【選手名鑑】
牧原 巧汰(日大藤沢) 【選手名鑑】
松岡 伶士(日星) 【選手名鑑】
松倉 星斗(池田工) 【選手名鑑】
松倉 諒吾(岐阜聖徳大付) 【選手名鑑】
松本 翔吾(浦和実) 【選手名鑑】
水上 遥貴(都立保谷) 【選手名鑑】
水上 由伸(帝京三) 【選手名鑑】
溝渕 優心(飯山) 【選手名鑑】
光田 岳(氷上) 【選手名鑑】
美又 王寿(浦和学院) 【選手名鑑】
宮本 一輝(東播磨) 【選手名鑑】
村山 大樹(豊岡) 【選手名鑑】
森木 大智(高知) 【選手名鑑】
森田 楓弥(茅野) 【選手名鑑】
森本 修都(光泉カトリック) 【選手名鑑】
森山 敬暁(みどり清朋) 【選手名鑑】
八方 悠介(鹿児島城西) 【選手名鑑】
矢野 泰二郎(済美) 【選手名鑑】
山﨑 照英(九州文化学園) 【選手名鑑】
山下 晃之介(文徳) 【選手名鑑】
山根 こころ(米子北) 【選手名鑑】
山本 圭吾(小松) 【選手名鑑】
山本 大斗(開星) 【選手名鑑】
山本 力聖(秀岳館) 【選手名鑑】
吉村 樹(大阪産大附) 【選手名鑑】
渡部 海夢(東海大甲府) 【選手名鑑】
和田 捷吾(南筑) 【選手名鑑】
高知商 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知海洋・高岡・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム