大変な1年であった。

 それでも、自粛の期間を経ながらも、しっかり球史をつないでいった2020年の東京の高校野球を総括する。

センバツ中止が国士舘に与えた影響



 冬の間トレーニングを積んで、これから実戦という時に、コロナによる休校、練習の自粛が始まった。どの学校も多大な影響を受けたが、特にセンバツ出場を決めていた国士舘は衝撃が大きかった。そしてその影響は、秋まで引きずることになる。

 夏の独自大会は、永田昌弘監督の配慮で3年生だけで臨んだ。西東京大会の準決勝まで進んだが、センバツ出場校による交流試合もあるためエースの中西 健登に無理をさせるわけにいかず、準決勝の佼成 学園戦は接戦になったけれども、エースを出さず敗れた。

 また独自大会は3年生のみで戦ったため、1、2年生の実戦経験は不足していた。毎年秋の段階としては完成度の高いチームを作っていたが、大会3連覇を目指したこの秋は、2回戦で四球を連発するなど、国士舘らしくない形で負けた。

 3月から5月までチームとして練習ができなかったことにより、選手の自立、自主性が問われることになった。西東京大会で準優勝した佼成学園は、昨年の秋季都大会よりはるかに強いチームになっていた。藤田直毅監督は、「生徒から学ぶことが多かった」と語っている。今回のコロナ禍は、高校野球の指導のあり方にも変化をもたらすに違いない。

甲子園なき夏が作った劇的な試合


 6月に学校が再開された後も、部活動は制限のある学校が多かった。また雨天の日が多かったこともあり、準備不足のチームがあったことは致し方ない。独自大会の前半では、試合開始早々に投手陣が崩壊するケースも目立った。また1、2回戦で好投しても、次の試合では力がガタっと落ちるケースもあった。例年のように実戦を通して力を引き上げることができない、この夏の難しさがあった。

 それでも、東西東京大会の決勝戦と、東西決戦は素晴らしい試合になった。この3試合に共通するのは、9回裏に同点、あるいは逆転のドラマがあったということだ。東東京大会の決勝で登板した関東一[/team]の今村 拓哉、西東京大会の決勝で登板した佼成学園平澤 燎、東西決戦で登板した帝京田代 涼太は、おそらく高校生活で1番といっていいほどの投球をした。ただ疲労がみえ始めた9回、交代のタイミングは遅れ、得点を許した。

 勝っても負けても、これが高校生活最後という思いが、ベテランの指揮官をして、交代のタイミングを遅らせたという気がする。そしてそのことが、逆転のドラマを生んだと私は思う。

  夏の独自大会は、無事に終われば成功であった。それくらい、選手たちはもちろん、関係者の苦労も大きかった。そうした苦労に応える熱い戦いであった。ただ帝京が東東京大会で優勝するのは9年ぶりだけに、甲子園での活躍を見たかった。