目次

[1]スピード感ある対応で、いち早く独自大会の開催を発表
[2]梅雨の影響に負けず、各地区で熱戦を展開

 今年の高校野球界は、新型コロナに見舞われた。愛知県でも、中京大中京が代表を決めていたセンバツをはじめ春季大会以降、夏の選手権も中止となってしまった。

 そうした中で、夏は愛知県の独自大会が開催され秋季大会は何とか、当初の予定をこなすことが出来た。そして、甲子園の交流試合含め、中京大中京の活躍が光った1年となった。

 そんな愛知県の2020年の高校野球を振り返ってみる。

スピード感ある対応で、いち早く独自大会の開催を発表


 甲子園の選手権大会とその代表を決める各地の地方大会の中止が発表されたのが5月21日。その直後に、愛知県高校野球連盟は神田 清理事長がいち早く独自大会の開催を公表した。

 各校に宛てて、「夏の選手権大会は中止にはなったが、愛知県としては独自の夏季大会を開催するので、その準備はしてほしい」という趣旨の通達を出した。

 近畿地区や九州地区での指導経験もある日本福祉大付の山本 常夫監督はその素早い対応に対して、「素晴らしいスピードに感心したとともに大会を開催してくれる方向を強く出していただけたことに感謝したい」という思いを述べていた。

 その思いは、おそらく多くの愛知県内の指導者たちも同じ思いであったであろう。

 5月の連休時期に県内の何人かの指導者たちに電話等で状況を尋ねた時にも、「最悪の場合は、近郊の学校だけで試合をして、3年生たちのけじめの試合は出来ないかということは話し合っていた」(東浦・中嶋 勇喜監督)というような意見も多くあった。

 そうした経緯もあっただけに、早い段階での独自大会の決定は多くの関係者たちは、厳しい状況ながらも一つの安堵はあったようだ。

 こうして開幕した夏の独自大会は、全国でも早いタイミングの開催となり7月の一週目から始まった。まだ梅雨も明けておらず、週末に訪れる梅雨前線の影響で日程の変更なども余儀なくされた。

 最終的には閉幕が一週間遅れることにはなったものの、最後まで大会を行うことが出来た。こうしたことも、関係各位の目に見えない部分での尽力もあったからであろうと思われる。