コロナ禍により、例年とは全く違う戦いを強いられた2020年の高校野球。近畿地区の大会は甲子園交流試合も含め全て無観客試合で行われたが、球児たちの熱い戦いは今年も変わらなかった。

 夏の独自大会で注目を集めたのが履正社大阪桐蔭の一戦だ。全国でもトップクラスの力を誇る大阪の名門校が準決勝で激突。大阪大会は準決勝で打ち切りとなったため、これが事実上の決勝戦となった。

 秋は延長戦の末に大阪桐蔭が勝利しており、接戦が予想されたが、履正社打線が大阪桐蔭先発の藤江 星河(3年)を打ち崩し、9対3で圧勝。昨夏の甲子園を思い起こさせる猛打を発揮した。履正社は甲子園交流試合でも星稜相手に10対1で勝利。コロナがなければ、連覇も狙えるのではないかという強さだった。

 大阪桐蔭も甲子園交流試合の東海大相模戦では藤江が7回2失点と好投。主将の藪井 駿之裕(3年)が決勝打を放ち、4対2で勝利した。秋は大阪桐蔭が近畿大会準優勝、履正社が大阪大会敗退と明暗が分かれたが、今後も高校野球界をリードする存在であり続けるだろう。

 大阪2強に負けない存在感を見せつけたのが天理智辯学園の奈良2強だ。昨秋の近畿大会を制した天理はオール3年生で夏の独自大会を制覇。甲子園交流試合では広島新庄に敗れたが、恐怖の1番打者・下林 源太(3年)や昨年の明治神宮大会で1試合3本塁打を放った河西 陽路(3年)などの活躍は多くの人の印象に残ったはずだ。

 秋は旧チームから活躍していた長身右腕の達 孝太(2年)や強打がウリの瀬 千皓(2年)らの活躍もあり、奈良大会を制した。近畿大会では準々決勝で大阪桐蔭に7回コールド負けを喫したが、戦力は全国上位レベルだ。

 智辯学園は甲子園交流試合で神宮王者の中京大中京と延長10回の大激戦を繰り広げた。2年生エースの西村 王雅が2回から9回まで無得点に抑え、中日ドラフト1位の高橋 宏斗(3年)相手に一歩も引かない投げ合いを披露した。

 秋の奈良大会は決勝で天理に敗れたが、近畿大会では他府県の1位校を相手に勝利を収め、見事に優勝。来春のセンバツに向けて弾みをつけた。前川 右京(2年)、山下 陽輔(2年)らを擁する打撃力は全国屈指。センバツでも優勝候補に挙がるだろう。