第1021回 「最後は鴨池で」叶わぬ鹿児島球児も真剣勝負の舞台に感謝2020年12月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

厳戒態勢の中でもグラウンドでは変わらぬ真剣勝負の世界



細心の注意を払った中で大会は開催された

 コロナ禍による試練の年。
 当たり前に野球があるありがたさを実感。

 毎年、年末になるとこの1年を振り返って総括するのが年中行事である。3月に春の県大会の開幕で「球春到来」を感じてから、晩秋に1年生大会が終わるまで、駆け足で過ぎていった出来事を丹念に振り返ると、その年ならではの特徴が見えてきて、新しい年に向けての「指標」が見つかる。

 しかし、今年は振り返るのが憚られるほど、「コロナ禍」で想定外、予想外のことが続いた。センバツ、春の県大会、NHK旗、夏の選手権予選、選手権…3月から6月までの間に、あらゆる大会がことごとく中止となった。

 どこが勝ったか、負けたか、どんな選手が活躍したのか…当たり前に一喜一憂していた出来事がことごとく「無」のままで日々が過ぎていく。高校生、特に3年生にとっては誰もが経験したことのない、先の見えない不安を抱えながら日々を過ごしたことだろう。

 6月、甲子園のない夏の代替大会として鹿児島県高野連の主催する「2020鹿児島県夏季高校野球大会」の開催が発表された。

 県の監督会や3年生部員のアンケートでは「甲子園がないのなら鴨池で最後の夏を締めくくりたい」と通常通り平和リース、鴨池市民球場を使用しての県大会開催を望む声が多かった。

 だが離島を抱え、移動や長期滞在による感染症リスクや練習不足、準備不足による熱中症などを考えると高野連としては通常通りの方式の県大会開催は断念せざるを得なかった。6月下旬から7月にかけて、県下7地区ごとに予選、7月に予選を勝ち抜いた16チームによる決勝トーナメントという2段階方式での開催が決まった。鴨池で試合ができないことを残念がる声もあったが、3年生にとって真剣勝負での締めくくりの舞台を作ってもらったことに対して「感謝したい」と大会期間中の取材で多くの選手たちが話していたのが印象に残った。

 「応援してくれる同級生や学校の先生方のためにも半端な野球はできない!」と鶴丸の前田秀太朗は話していた。野球以外の運動部活動生にとっての集大成である高校総体も中止となった。集大成としての真剣勝負ができないまま部活動を引退する同級生も多かった。甲子園はなくとも野球は真剣勝負の舞台があることに感謝し、真剣勝負ができなかった自分たちの分まで頑張って欲しいという同級生の想いも背負って大会に臨む3年生が多かった。

 球場に入る際は検温と手の消毒、マスクの着用。観客席に入れるのは事前に申請した該当試合チームの保護者のみ。試合後はベンチなどの消毒を徹底。試合後のインタビューは監督と主将のみの共同会見…徹底した感染症対策の中で実施された夏季大会だった。

 球場周辺は「コロナ禍による厳戒態勢」を感じさせる雰囲気だったが、グラウンドで繰り広げられたのは今までの何ら変わることのない真剣勝負の世界だった。鹿児島商は左腕・山本 直樹(3年)の投打にわたる活躍で8強入り。このところ勝てていなかった古豪の意地を見た。

【次のページ】 一戦ごとに力をつけ夏、秋連覇を果たした神村学園

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 両打13人 公立校・出水が講じた奇策【冬が僕らを強くする2021】
第167回 元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題【野球部訪問】
第1033回 神村学園の独走を食い止めるのは? 求められる「500球制限」への対応【大会展望・総括コラム】
第158回 鹿児島城西の選抜初出場に神村学園の夏・秋連覇。2020年の鹿児島県高校野球3大ニュース!【高校野球コラム】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs樟南【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム