秋季東京都大会も、準決勝と決勝戦を残すのみとなった。この秋からシード校制度が採用されたこともあり、準決勝は東海大菅生関東一二松学舎大附日大三という、実力も実績も東京の高校球界を代表する文字通りの4強の対決になった。激戦必至の準決勝を展望する。

横綱対決!カギを握る走塁のキーマンは、東海大菅生の福原


 東海大菅生は左の本田 峻也関東一は右の市川 祐と、東京を代表する左右の好投手の対決。打線も東海大菅生千田 光一郎堀町 沖永小池 祐吏といった上位打線に加え、下位打線の小山 凌暉岩井 大和なども当たっている。関東一は4番の井坪 陽生の打撃が不安定なのが気になるが、1年生の夏に甲子園を経験している初谷 健心を中心に、力はある。

 一発長打で決まる可能性も十分にあるが、両投手の力を考えれば、大量点は望めない。

 そこで物を言うのが、走塁だ。ノーヒットでも点を取る野球を目指す東海大菅生は、このチームになって、積極的な走塁が目立つ。都大会4試合の盗塁は20。そのうち福原 聖矢は6盗塁を決めている。市川は右投げだけに、塁に出ると積極的に走ることが予想される。その一方で、左腕の本田の牽制がうまいこともあって、捕手の福原は盗塁を許していない。

 関東一は、盗塁の数は6個と東海大菅生に比べて少ない。しかし選手個々の身体能力は高く、俊足の選手も多い。関東一の足攻は盗塁だけでなく、相手の一瞬のスキを突き、一つ先の塁を狙う走塁にある。特に1番の鎌倉 滉太や、3回戦以降2番に定着した立花 大地の走塁は見応えがある。

 両チームとも守備は安定しているだけに、一つ先の塁を巡る攻防が、勝敗の行方を左右するのではないか。一瞬たりとも目が離せない一戦になる。