≪トーナメント表はこちら≫

 9月19日から開幕する秋季千葉県野球大会。今年の秋季関東大会は千葉県開催なため3校が出場できるチャンスがある。そんな今年の千葉県大会は各ブロックで実力校が点在しており、激しい戦いが期待できる。そんな千葉県大会の見所を紹介していきたい。

各地区の見所


流通経済大柏は県立の実力校・船橋東と対戦。同ブロックでは機動力野球を武器にミート力が高い選手が揃う東海大浦安が同ブロック。また千葉明徳東京学館浦安の実力校対決も見逃せない。千葉明徳は主将・水野 源章は今大会注目の左の好打者。球際が強い三塁守備とバットコントロールの良さが光る選手だ。千葉明徳と同ブロックには実力校・千葉明徳も登場する。

 今年の千葉で最も実力校と目されるのが中央学院。140キロを超える速球を投げ込む右腕・細谷 怜央、飯尾 嶺の2人の好投手を擁する。中央学院と練習試合で対戦した学校からも評価も高く、流山おおたかの森戦でどんな戦いを見せるか注目が集まる。同ブロックでは千葉英和千葉商大付など実力校が点在する。

 夏ベスト4の八千代松陰は流山南と対戦する。八千代松陰はこの夏3年生全員で戦ったため、秋は未経験の選手ばかり。それでも投手を中心に守り勝つ野球は完成度が高く、練習試合でも強豪相手に勝利を収めている。

 このブロックでは敬愛学園市原中央の対決や千葉黎明対銚子商の対決もあり見逃せない。夏優勝の木更津総合は市立松戸と対戦。スタッフから評判が高かった大型右腕・島田 舜也の活躍に期待がかかる。また秋元 俊太(2年)、山中 海斗(2年)の俊足巧打の外野手、遊撃手・大西 智也など夏経験者の活躍にも期待したい。