第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!2020年09月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

≪トーナメント表はこちら≫

 9月19日から開幕する秋季千葉県野球大会。今年の秋季関東大会は千葉県開催なため3校が出場できるチャンスがある。そんな今年の千葉県大会は各ブロックで実力校が点在しており、激しい戦いが期待できる。そんな千葉県大会の見所を紹介していきたい。

各地区の見所



山中海斗(木更津総合)

流通経済大柏は県立の実力校・船橋東と対戦。同ブロックでは機動力野球を武器にミート力が高い選手が揃う東海大浦安が同ブロック。また千葉明徳東京学館浦安の実力校対決も見逃せない。千葉明徳は主将・水野 源章は今大会注目の左の好打者。球際が強い三塁守備とバットコントロールの良さが光る選手だ。千葉明徳と同ブロックには実力校・千葉明徳も登場する。

 今年の千葉で最も実力校と目されるのが中央学院。140キロを超える速球を投げ込む右腕・細谷 怜央、飯尾 嶺の2人の好投手を擁する。中央学院と練習試合で対戦した学校からも評価も高く、流山おおたかの森戦でどんな戦いを見せるか注目が集まる。同ブロックでは千葉英和千葉商大付など実力校が点在する。

 夏ベスト4の八千代松陰は流山南と対戦する。八千代松陰はこの夏3年生全員で戦ったため、秋は未経験の選手ばかり。それでも投手を中心に守り勝つ野球は完成度が高く、練習試合でも強豪相手に勝利を収めている。

 このブロックでは敬愛学園市原中央の対決や千葉黎明対銚子商の対決もあり見逃せない。夏優勝の木更津総合は市立松戸と対戦。スタッフから評判が高かった大型右腕・島田 舜也の活躍に期待がかかる。また秋元俊太(2年)、山中海斗(2年)の俊足巧打の外野手、遊撃手・大西智也など夏経験者の活躍にも期待したい。


【次のページ】 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
専大松戸vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1240回 【後編】現役続行か引退か。ドラフトに命運をかける千葉葵(滋賀学園)の覚悟 【2020年インタビュー】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1016回 決勝進出にする2チームは?市立船橋vs専大松戸、木更津総合vs八千代松陰の準決勝2試合の見所を徹底分析【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
泉 【高校別データ】
市川 【高校別データ】
一宮商 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
千葉学芸 【高校別データ】
千葉経大附 【高校別データ】
千葉商大付 【高校別データ】
千葉一 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
岬・勝浦若潮 【高校別データ】
岬 【高校別データ】
八千代 【高校別データ】
若松 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム