第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!2020年09月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

≪トーナメント表はこちら≫

 5日から始まった埼玉地区予選。4地区の注目カードををまとめて紹介をしていきたい。

各地区の見所



樋口恵斗と林平太郎

【東部地区】
夏準優勝の昌平は夏でも対戦した鷲宮と対戦。昌平は2年生で唯一、ベンチ入りしたスラッガー・吉野 創士がチームを牽引。近年、能力が高い選手が入学しているが、未知数。新チームではどんな戦いを見せるのか。また、三郷工技と対戦する花咲徳栄も全く未知数。

【西部地区】
 初優勝の狭山ヶ丘川越と対戦。同ブロックではスライダー・波田野 幹太がチームを引っ張る山村国際と対戦する。聖望学園入間向陽と対戦。同ブロックでは最近、力をつけている武蔵越生と同ブロックだ。山村学園狭山経済と対戦。山村学園は1年春から投げている好右腕・小泉裕貴の投球に注目が集まる。市立川越西武文理の実力校が同ブロックで、県大会出場を巡って激しい戦いが行われそうだ。

【南部地区】
浦和学院埼玉栄大宮の勝者と対戦する。浦和学院は好投手・三奈木 亜星、強打の内野手・吉田 匠吾など能力が高い選手を揃える。夏は3年生中心だった埼玉栄も経験が未知数ではあるが、例年、能力が高い選手を揃えるだけに激しい戦いを期待できそうだ。また昨秋準優勝の西武台川口朝霞西の勝者と対戦。また大宮東慶應志木浦和麗明と実力校が揃ったブロックも注目だ。

【北部地区】
夏北部地区優勝の正智深谷鴻巣と対戦。また上尾東農大三が同ブロックで、代表決定戦で当たる可能性もあり、このブロックも見逃せないブロックだ。

 県大会にすすめるのは40チーム。県大会にたどり着くまで実力校同士の戦いも多く、地区予選から熱い戦いを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
◆他の大会展望総括・コラムを読む
7月18日から開幕!滋賀県でも独自の大会開催が決まる
膳所、八幡商、彦根東など滋賀をリードしてきた伝統公立校たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
昌平vs細田学園【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
昌平vs春日部共栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
昌平vs川越東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
春日部共栄vs山村学園【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
浦和学院 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム