目次

[1]シード校・堀越のブロックが最激戦区に
[2]都立小山台・東京実の多摩川ダービー/錦城学園・大森学園・安田学園のブロックも激戦区

都立小山台・東京実の多摩川ダービー



注目の捕手・山田将義(二松学舎大附)

 隣のブロックでは、シード校・日本ウエルネスがややリード。ただ初戦の正則学園は甲子園経験校だけに油断はできない。さらに2回戦は、ベテラン・有馬信夫監督に鍛えられた都立足立新田との対戦が有力だ。

 また都立青山は、秋季都大会で安田学園に善戦しており、都立高島との1回戦は、都立の強豪対決となった。

 修徳のブロックでは、順当なら3回戦で対戦することになる東亜学園との試合は、注目のカードだ。この両校、3年前の夏の準々決勝で対戦。8回まで修徳が7-1と、コールドゲーム寸前のリードをしながら、9回表に東亜学園が一挙に9点を入れて大逆転をしている。

 今大会でも、東亜学園にはミートの巧い阿部 敬太に、パワーのある尾関翔来と好打者がいる。修徳は、床枝 魁斗唐津 健太らの投手陣がどう抑えるか。

 共栄学園がシードされているブロックは、ノーシードながら優勝候補の二松学舎大附がリードしているものの、有力校が集まった。

 まずシード校の共栄学園は、2回戦で岩倉との対戦が有力だ。岩倉は、秋は都立国立に敗れたものの、伝統校の実力は侮れない。

 共栄学園が勝てば、3回戦は上野学園との対戦が有力になる。ともに2000年代に入り女子校の共学化で加盟し、近年力をつけてきた学校同士で、実績的にはライバル的な関係になる。

 秋は1回戦で敗退しノーシードになったものの、注目の捕手・山田 将義のいる二松学舎大附は、優勝候補であることは間違いない。ただ1回戦の都立文京は、都立の実力校だけに、油断はできない。

 二松学舎大附が順当に勝った場合、3回戦で都立小山台東京実の勝者との対戦が有力になる。

 東京実は多摩川の河川敷に練習場があり、2年連続で夏準優勝の都立小山台も時折多摩川河川敷のグラウンドを使用していたが、ともに昨秋の台風19号の影響で、練習場が冠水した。コロナに加え、そうした困難な状況で練習してきた、巨漢の強打者・上江洲礼記主将が引っ張る小山台と、身体能力が高い選手が多い東京実の対戦は、1回戦の注目カードだ。もし都立小山台が勝って、3回戦で二松学舎大附と対戦すれば、2年前の東東京大会決勝の再戦になる。

 そう考えるとこのブロックは、二松学舎大附がリードしていることは確かだが、かなり強豪校の多い激戦区になっている。

錦城学園・大森学園・安田学園のブロックも激戦区



重政拓夢(関東一)

 シード校の錦城学園にとっては、2回戦での対戦が予想される大森学園はかなりの難敵になる。錦城学園はエースの石川隆二を積極的な走塁で盛り立て、攻守にバランスが取れているが、大森学園も佐々木歩、工藤翔午、松本哲郎と、野手との二刀流の3人の投手を中心に力があり、好ゲームが期待できる。

 この試合の勝者は、都立江戸川なども侮れないが、安田学園との対戦が有力だ。安田学園のエース・角田匠は秋季都大会で日大三打線を苦しめただけに、錦城学園、大森学園、安田学園の力は拮抗している。

 関東一は、昨夏の準々決勝で対戦した立正大立正のほか、足立学園朋優学院などの有力校がいるものの、準々決勝までは、無難に勝ち進むのではないか。
 秋4強の都立城東は、初戦は都立鷺宮都立桜修館の勝者との対戦になる。ともに近年力をつけており、特に鷺宮の責任教師の池上茂は元都立城東の監督だ。
 ただこのブロックには、都立小松川都立広尾駒込などの有力校がいるものの、都立城東が優位である。

 帝京が優勝候補の筆頭である中で、関東一二松学舎大附などの対抗馬が、戦いながらいかに力をつけてくるか、注目される。

(文=大島 裕史)

関連記事
◆他の大会展望総括・コラムを読む
2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!
2020年夏の注目投手の球速ランキング!独自でピックアップした選手を徹底解説!