• トップ
  • コラム
  • 大会展望・総括コラム
  • 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】

第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】2020年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]<東予地区><中予地区>
[2]<南予地区>

 2020年2月22日(土)、愛媛県高等学校野球連盟は東予・中予・南予の3地区に分かれ「地区別部長理事会」を開催。部長理事会に続き「令和2年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会」各地区予選の抽選会を行い、すでに山がたが決まっていた県大会と合わせ全ての組み合わせが決まった。

 各地区予選抽選会ではまず昨秋の県大会出場16校(東予6校:小松新居浜商今治北・字川之江・新居浜南新居浜東、中予6校:松山北松山中央済美新田聖カタリナ学園松山工、南予4校:宇和島東宇和島南帝京第五吉田)がシード枠の抽選を行い、続いて残る37ーム42校(東予15チーム16校<連合チームは今治西伯方東予>、中予13チーム15校<連合チームは小田上浮穴済美平成>、南予9チーム11校<連合チームは南宇和三間八幡浜工三瓶の2チーム>)がフリー抽選を行い、すべての組み合わせが決まっている。

 では、地区別に簡単な展望を加えていこう。

<東予地区>3月21日(土)~24日(火)



最速140キロの髙橋 晟士朗(西条)

 東予Cブロックでは俊足二塁手の福島 未来翔(1年・右投左打・174センチ60キロ・えひめ西リトルシニア出身)ら打撃陣にタレントがそろう小松が、名門・今治西らを待ち受ける。また、昨秋東予地区予選では西条を2対1・今治西も9対2(8回コールド)で連覇した新居浜商は東予Bブロックに入った。

 秋山 拓巳(阪神タイガース)を西条時代に指導した田邉 行雄監督の下、近年は安定した力を発揮する新居浜南は、実力者の新居浜西と初戦で激突。

 さらにこの東予Dブロックには最速140キロの髙橋 晟士朗(2年・186センチ73キロ・右投右打・西条ボーイズ出身)や、大型右サイドの愛甲 純平(2年・184センチ77キロ・右投右打・西条市立西中出身)など投手陣にタレントがそろう西条も同居する激戦区となった。

 その他も四国中央市のライバルである川之江三島が東予Eで同ブロックとなるなど、全6ブロックでシード校が勝ち上がる展開には、まずなりそうもない。

<中予地区>3月24日(火)~26日(木)



高校通算29本塁打のスラッガー山田響(済美)

 最注目は中予Eブロック。高校通算29本塁打のスラッガー・山田 響(2年主将・左翼手兼二塁手・右投右打・170センチ78キロ・新居浜ヤングスワローズ出身)が注目を集める済美は、県内屈指の好左腕・松﨑 来雅(2年・168センチ62キロ・左投左打・ヤング倉敷ピーチジャックス<岡山>出身)がいる松山商伊予農の勝者と対戦。山田の前後を打つ打者と投手陣の奮起が秋春連続県大会制覇へのカギを握る。

 また、つながりのある打線と渡部 凱斗(2年・投手・右投左打・180センチ72キロ・松山市立余土中出身)の奮闘で昨秋は四国大会ベスト8・センバツ補欠校の新田も将来性豊かな右スラッガー・西本 祐真(1年・左翼手・右投右打・180センチ85キロ・えひめ港南リトルシニア出身)がいる北条と、修徳(東東京)で指揮を執った阿保 暢彦監督の下、春に向けて豊富な練習を積んできた松山城南との勝者と対戦を強いられる厳しい中予Aブロックに入った。

 その他「投手陣は継投で行く予定だが、打線はこの冬を超えて楽しみになってきている。春を夏に向けた試金石にしたい」と光田 一樹部長も話す聖カタリナ学園東温内子と0同じ中予Bブロックに。

 昨年センバツで先発登板した最速143キロ右腕・平安山 陽(2年・右投右打・177センチ80キロ・名護市立大宮中<沖縄>出身)の復調が待たれる松山青陵は、松山工らがいる中予Dブロックから逆襲のろしを上げる。

【次のページ】 <南予地区>3月21日(土)・22日(日)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本ウェルネスvs都立足立新田【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
都立小松川vs都立広尾【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
都立足立新田vs足立東・北豊島工・三商・日本橋【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
松山商vs松山東【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第2回 目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動【愛媛の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
川之江 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松工 【高校別データ】
小松商 【高校別データ】
都立小松川 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
新居浜西 【高校別データ】
新居浜南 【高校別データ】
新田 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
松山工 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
三島 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム