第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】2020年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]盤石の沖縄尚学
[2]混戦必至のBブロック

 球春到来!67回目を数える沖縄県高校野球春季大会が3月20日からいよいよ開幕する。沖縄尚学、八重山農、嘉手納具志川の4校のシードと、ライバル校らが目白押しの春の大会を、各ブロック毎に見ていこう。

盤石の沖縄尚学



與谷友希(沖縄尚学)

 一昨年の一年生中央大会で優勝。夏の甲子園と重なり、主力抜きで戦う新人中央大会でもベスト8入り。秋の大会でも頂点に立ち、九州地区高校野球大会でも善戦を見せた沖縄尚学がシードのAブロック。當銘椋太、島袋 皓平與谷 友希崔 哲瑋と続く上位打線は、近年の沖縄尚学でもトップクラスの破壊力を持つ。

 三遊間を受け持つ與谷 友希島袋 皓平は確定。だが外野の一角を担う當銘椋太と崔 哲瑋でも、うかうかしていられないほどチーム内での競争が激化している。
 「(現)一年生の下地泰世や後間翔瑚が伸びてきた。」とは比嘉公也監督。パワーのある久高塁と砂川連も合わせ6人で3枠を競う。

 投手陣は昨夏の甲子園でも登板した永山 蒼と、一年生大会からエースとして投げている経験値豊富な大湾朝日、長身の嘉陽太一、サウスポーの松田大輝とコマは豊富。

 特に秋の大会、63打者に対し僅か6安打と、被打率が1割を切った永山 蒼。同じく秋、20回と2/3イニングを投げ自責点僅か1と、防御率が1点台を切った大湾朝日は相手校にとって脅威だろう。その打倒沖縄尚学の一番手は本部か。

 秋の大会でも沖縄尚学と戦った本部。3対5と僅差で敗れたが、その投打は他校の度肝を抜いた。剛腕・川田莉空、技巧派・幸地怜央を軸に、ピッチャーとして成長著しい右腕・茂刈海翔と左腕・仲榮眞佑がマウンドを預かる。

 打撃陣に目を写すと、この世代トップクラスの俊足・島袋竜人を筆頭に、チャンスに強い茂刈海翔、仲本玲人、川田莉空らがクリーンアップを務める。21世紀枠の九州代表にまでなった自信もあり、自覚みなぎる冬で更なるパワーアップを果たしていることだろう。

 一昨年の一年生中央大会で沖縄尚学に敗れたものの、準優勝した中部商も注目。前チームでもレギュラーの奥平響希と山口慶十、そしてエースで4番の尾崎夢叶が中心となる。秋に沖縄水産に大敗した悔しさを、この冬でどれだけ積み上げられたかが問われる春となる。

 この2校が三回戦で顔を合わせるとしたならば、文字通り激闘必至となるか?秋16強の知念と1点差ゲームを演じた那覇商コザの一戦も見もの。北部の雄である宜野座も、本部との初戦だからこそ力も漲ってくるだろう。

【次のページ】 混戦必至のBブロック

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦添商vs宜野座【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美里工vs浦添工【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
八重山vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
未来沖縄vs美里工【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
美里工vs中部商【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第114回 諦めない限り、夢は続く 沖縄の名将たちが球児へあらゆる形でメッセージを送り続ける【高校野球コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第880回 急成長を見せる期待の140キロ一年生コンビ!古波藏 悠悟・石川 愛斗(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第880回 沖縄水産が誇る注目の二遊間の課題!上原 大那・川端 琉一朗 【2019年インタビュー】
第876回 投手として打者として活躍目指す上原 一帆(沖縄水産)のレベルアップの冬【後編】 【2019年インタビュー】
崔 哲瑋(沖縄尚学) 【選手名鑑】
島袋 皓平(沖縄尚学) 【選手名鑑】
永山 蒼(沖縄尚学) 【選手名鑑】
松田 大輝(北見工) 【選手名鑑】
與谷 友希(沖縄尚学) 【選手名鑑】
糸満 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
名護 【高校別データ】
名護商工 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
本部 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
与勝 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム