第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!2020年01月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]県王者東海大相模の戦力を紹介
[2]選手層の厚い横浜

 レベルの高さは全国でもトップクラスの神奈川県。2020年も全国上位が期待できるチームが多く、楽しみな1年となりそうだ。まずは秋季大会ベスト8までの学校について紹介していきたい。

県王者・東海大相模の戦力を紹介



高校通算53本塁打の西川僚祐(東海大相模)
 

 2020年の神奈川でまず注目なのは東海大相模だろう。高校通算53本塁打の西川 僚祐、主将でスラッガーの山村 崇嘉、U-18代表の鵜沼 魁斗、高校通算32本塁打の強打の二塁手・加藤 響など野手のタレント力は神奈川どころか全国でもトップクラス。

 ただ一方で、投手力が課題。エース・諸隈 惟大は制球力を乱しており、クロスに強いストレートを投げられず、苦しい投球が続いた。また130キロ後半の速球を投げ込む本格派左腕・石田 隼都、巨人・金城龍彦コーチの次男の金城 龍輝などの右投手が出てきているが、とびぬけた能力を持った投手はいない。昨年に引き続き、圧倒的な長打力で投手をカバーするスタンスとなりそうだ。

 諸隈の復活と、昨秋から登板する機会がも多くなった本格派・山村がどこまで目処がつくか。もし山村が超高校級の投手へ変貌することになれば、全国制覇の道も近づくだろう。



桐光学園の投打の柱・安達壮汰

 秋準優勝の桐光学園はエースで主軸を打つ安達 壮汰が軸となる。昨秋の準々決勝で横浜相手に3安打完封勝利。135キロ前後の速球、スライダー、チェンジアップを巧みに投げ分け打ち取る投球が持ち味の実戦派左腕。さらに横浜戦でも適時打を放つなど投打で高い能力を秘めている。

 またほかにはバットコントロールが高く、強打の三塁手・馬込 悠桐光学園)、勝負強い打撃を見せる仲亀 利哉(桐光学園)森田 翔(桐光学園)など野手の顔ぶれは非常にレベルが高い。総合力を見れば、甲子園にいってもおかしくないチームだ。

 ただ、課題は安達頼みの投手陣。昨秋は安達に頼りすぎたこともあり、関東大会での投球は蓄積疲労も感じる内容だった。甲子園出場のカギは安達に頼らない投手陣のレベルアップだろう。

 昨秋、55年ぶりのベスト4入りを果たした三浦学苑は、長身から角度のある速球を投げ込むエース・長谷川翔、1年生ながら投打の柱を務める上村 海斗を中心の好チーム。

 打線のレベルも高いが、準決勝で桐光学園に敗れ、トップ私学との実力差を痛感。春に向けて実力差を埋める練習ができるか。

 同じくベスト4入りした相洋も好投手・本田眞也、打線は好打者・鈴木心晴を中心にレベルが高く、年々、実力をつけてきた。それだけにこの1年は勝負の1年となりそうだ。

【次のページ】 選手層の厚い横浜

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第271回 高橋宏斗、中森俊介など2020年の高校生投手トップ9はこの投手たちだ!!【ドラフト特集コラム】
第38回 方針はあくまで底辺拡大。名門・世田谷西シニアが「勝利」でなく「野球の楽しさ」を追及する理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
日本学園vs日体大荏原【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
安達 大和(中越) 【選手名鑑】
安達 壮汰(桐光学園) 【選手名鑑】
安達 大和(横浜) 【選手名鑑】
上村 海斗(三浦学苑) 【選手名鑑】
鵜沼 魁斗(東海大相模) 【選手名鑑】
加藤 響(金足農) 【選手名鑑】
加藤 響(東海大相模) 【選手名鑑】
木下 幹也(横浜) 【選手名鑑】
金城 龍輝(東海大相模) 【選手名鑑】
冨田 進悟(横浜) 【選手名鑑】
西川 僚祐(東海大相模) 【選手名鑑】
長谷川 翔(北越) 【選手名鑑】
濱田 蓮(立花学園) 【選手名鑑】
馬込 悠(桐光学園) 【選手名鑑】
松本 隆之介(横浜) 【選手名鑑】
森田 翔(春日部共栄) 【選手名鑑】
諸隈 惟大(東海大相模) 【選手名鑑】
山村 崇嘉(東海大相模) 【選手名鑑】
度会 隆輝(横浜) 【選手名鑑】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
湘南工大附 【高校別データ】
相洋 【高校別データ】
立花学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
日体大荏原 【高校別データ】
三浦学苑 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム