目次

[1]高校年代は「ホップ」大学年代は「ステップ」社会人は「ジャンプ」の2020
[2]四国アイランドリーグplus「ドラフト最多指名」へ。NPBもイベント多し

 ついに東京五輪イヤーの2020年がスタート。首都から1000㎞近く離れた四国地区でも徐々に世界最大のスポーツイベントへの機運が高まっている。ではその中で四国の伝統工芸ともいえる「野球」はどのように進んでいこうとしているのか?現状紹介も交えながら占っていきたい

高校年代は「ホップ」大学年代は「ステップ」社会人は「ジャンプ」の2020


 

  高校年代は「ホップ」・大学年代は「ステップ」・社会人は「ジャンプ」……。これが2020年のアウトラインになってきそうだ。

 高校年代の詳細は改めて触れることになるが、現状では我慢の年。投手陣では最速147キロ右腕の内田 悠太大手前高松3年)、「ザ・コントロールサウスポー」新地 智也明徳義塾新3年)。野手では高校通算29本塁打の山田 響済美新3年主将・左翼手兼二塁手)、高校通算42本塁打の田中 大貴(観音寺一新3年・遊撃手)などのスラッガーたちが周囲に刺激を与え、刺激が飛躍の種になることを祈りたい。まずは明徳義塾尽誠学園の出場が確実視されているセンバツで、両校が四国の意地を見せられるか、だ。

 四国地区大学野球リーグでは昨年秋に帝京三(山梨)3年時以来の「投手兼遊撃手」となり、いきなり最速149キロをマークした水上 由伸(四国学院大4年主将)が大卒プロ入りを視野に入れる。小久保 気(西濃運輸)が東北福祉大を完封した2017年の大学選手権以来となる全国1勝をあげられれば、侍ジャパン大学代表入りも現実味を帯びてきそう。

  夏に日本選手権。11月末から都市対抗と変則日程となる社会人では昨年、全国大会でも長打を連発したJR四国に注目。高卒ルーキーで都市対抗アーチをかけた水野 達稀丸亀城西<香川>卒2年目・遊撃手)や、北尾 勇人鳴門<徳島>~龍谷大卒2年目)の長打力は全国と伍してもそん色ない。ここに成長著しい篠崎 康帝京第五<愛媛>卒3年目)のリードに投手陣が奮起する好循環が生まれれば、2大大会でも勝てるチームができそうだ

 また、出身地の愛媛県東温市で東京五輪聖火ランナーを務めることが先日発表された松山東センバツ21世紀枠出場時のエース・亀岡 優樹(愛媛大)は今季から松山フェニックスへの入団が内定。まずはクラブ選手権での全国出場を目指す。

 ただ、時に想像を超える成長が生まれるのがこの世代の特徴。いい意味で筆者の想定を覆す出来事の発生を心待ちにしたい。