第992回 来田、中森のドラフト候補コンビなど逸材が集結した兵庫県選抜!台湾遠征へ向けて逸材をピックアップ2019年12月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中森、坂口を中心とした強力な投手陣
[2]来田だけではなく、好打者がそろう野手陣

中森、坂口を中心とした強力な投手陣



中森俊介(明石商)
 

 エース格として期待されるのが明石商中森 俊介だろう。甲子園、近畿大会と本調子ではなかったが、7日の関西国際大戦では2回5奪三振の快投。2回まで8得点をあげた打線を全く寄せ付けない圧巻の投球内容だった。

 気温が10度前後の中、常時140キロ前半・最速148キロの速球は威力があった。来年の高校生投手のトップになりそうな高橋 宏斗中京大中京)と比較してもそん色ないほどボールの圧力があった。

 さらに変化球も鋭く、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットを投げ分け、やはり本調子になったときの中森は隙がない。それでも中森は「まだボールが高めに浮いているのもありますし、今回は短いイニングでしたが、9回通して低めに良いボールを投げるのが自分の理想なので」と理想は高い。

 台湾は、今年の世界大会で優勝し、勢いに乗っている強豪国。来年のアジア大会の前哨戦として、何かをつかむ大会にしたいところだ。

 中森に次ぐ実力派投手は報徳学園のエース・坂口 翔颯は関西国際大戦で登板はなかったが、縦回転のフォームから繰り出す威力あるストレートは絶品。

 打撃もよく、関西国際大戦では同点適時二塁打。最速139キロを誇る右腕・野島 勇太神戸弘陵)も、関西国際大戦で2回無失点の好投。角度のあるストレートを武器にする野島は、台湾の舞台でステップアップする。

 今年の兵庫県を代表する左腕として注目される東田 健臣西脇工)は関西国際大戦では8失点、最速136キロと調子を落としていたが、台湾の舞台になれて140キロ前後の速球を投げ込むことができるか。

【次のページ】 来田だけではなく、好打者がそろう野手陣

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
神戸弘陵 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
神港学園 【高校別データ】
西脇工 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム