第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!2019年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」がこれだ!

 2019年度の高校野球も数々の熱戦が行われた。春は東邦、夏は履正社が甲子園優勝を収めた。今回は数多い活躍を見せた高校球児の中から2019年最強ベストナインを発表していきたい。

栄えあるベストナインに選ばれたのはこの9名だ。

投手 奥川 恭伸星稜
捕手 藤田 健斗中京学院大中京
一塁手 平泉 遼馬関東一
二塁手 黒川 史陽智辯和歌山
三塁手 石川 昂弥東邦
遊撃手 上野 響平京都国際
左翼手 菊田 拡和常総学院
中堅手 森 敬斗桐蔭学園
右翼手 井上 広大履正社

 今年は佐々木 朗希大船渡)をはじめに高校生投手ドラフト1位が4人も選ばれた高校生投手は豊作だったが、やはり実力、実績ともにナンバーワンは奥川 恭伸だろう。選抜の履正社戦で17奪三振完封、選手権の智辯和歌山戦の延長14回の快投、世界大会の18奪三振の快投。すべての大会で伝説を残してくれた男だった。ダントツの選出である。

 捕手は藤田 健斗を選出。藤田が日本代表入りしている水上 桂明石商)、山瀬 慎之助星稜)の2人をしのいで、ベストナインに選んだのは攻守の総合力の高さである。粗削りさがなく、キャッチング、スローイング、複数投手陣を導いたリード。特に緊張しやすく、制球力がアバウトな赤塚健利に対してはど真ん中を要求し、球威のあるボールを投げさせ、結果的に散らせて打ち取る配球をしていた話を聞いたときは、驚かされた。クレバーさが突出していたので、選出が決まった。

 一塁手は平泉 遼馬を選出。2年秋まで怪我で苦しんでいたが、わずか1年で高校通算41本塁打まで積み上げた打撃技術。そして堅守をウリとする関東一で揉まれたこともあり守備力も高く、選出となった。

 二塁手では黒川 史陽を選出。木製バットを使った国際タイでも9打数7安打を放った打撃技術の高さは今年の高校生内野手でも突出したものがあり、また智辯和歌山で強烈なキャプテンシーの高さを発揮し、技術、ポテンシャル、人間性含めてピカイチな選手だった。

 三塁手は石川 昂弥を選出。全国舞台では異常な強さを見せ、選抜では3本塁打を放ったが、決勝戦で放った2本塁打は高校生ではお目にかかれない衝撃的な一発だった。また世界大会でも本塁打を放ち、今年の高校生打者でも突出している。

 遊撃手は上野 響平を選出。日本代表に選ばれた遊撃手よりも良いと思ったのは、牛若丸と表現できるような動きのレベルが段違いだからだ。近畿大会では三遊間の深い位置からでも、追いつく抜群のスピード。そしてほぼダイレクトで投げられるスローイング技術は突出している。

 レフトは菊田 拡和を選出。高校通算58本塁打のうち、一番すごかったのは明豊との練習試合で放った右中間場外へ消えた本塁打。打った瞬間、弾丸ライナーで消えていった打球はとてつもないものがあった。1年間見てきて、菊田並みの打球を放つ右のスラッガーは井上 広大ぐらいではないだろうか。

 センターをもともと遊撃手の森 敬斗を選んだのは、世界大会で見せた森のパフォーマンスがどのセンターよりもポテンシャルの高さを感じたからだ。まだ経験不足なミスは見られる。しかし高い瞬発力を生かしたスピード、勢いあるチャージングから放たれるスローイング、打撃も木製バットに順応し、体幹をうまく使ったスイングは近本 光司(阪神 出身)を彷彿とさせた。世界大会ではアメリカの速球投手が投じた146キロの内角ストレートを振りぬいて三塁打にした打撃、そして三塁までかけこんだスピードともに衝撃を受けた。多大なる可能性を感じる森のプレーは、ベストナインにふさわしいものだった。

 ライトは井上 広大。夏の大阪大会・甲子園を合わせて7本塁打。井上を見ていて感じたのは読みの鋭さ。カーブ、ストレート、スライダーを決め打ちにして本塁打にしてしまう井上の打撃技術はほかの高校生にはない強みがある。本塁打を見るたびにパワーの凄さを感じるのと同時に「相変わらず読みがうまいな」とつぶやくほどだ。

 配球が緻密になるプロの世界で井上のスタイルは大きな強みとなるはずだ。

 そしてMVPは9人を候補として、1年間の成績、活躍のインパクトを評価し、奥川 恭伸星稜)を選出した。奥川の1年はスーパーピッチャーはどうあるべきかを体現させてくれた。

 2020年はオリンピックイヤー。どんな選手たちが高校野球を盛り上げてくれるのか、楽しみだ。

(文=河嶋 宗一

関連記事はこちらから!
2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン
第101回全国高等学校野球選手権ベストナイン
平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
関東一vs都立日野【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
関東一vs城北【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1266回 中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
第1268回 超高校級右腕・中森俊介が明かす変化球5種類を徹底解説!【後編】 【2020年インタビュー】
第1266回 超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?【前編】 【2020年インタビュー】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第264回 ノーヒットノーラン達成した市川祐(関東一)が同世代の投手より頭1つ抜けたコントロールと投球術を分析!【ドラフト特集コラム】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
上野 響平(京都国際) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
菊田 拡和(常総学院) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
平泉 遼馬(関東一) 【選手名鑑】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
山瀬 慎之助(星稜) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム