目次

[1]敷島球場 第1試合 青藍泰斗(栃木1位)vs西武台(埼玉2位)/第2試合 常総学院(茨城1位)vs健大高崎(群馬3位)
[2]高崎城南球場 第1試合 山梨学院(山梨1位)vs文星芸大附(栃木2位)/第2試合 花咲徳栄vs拓大紅陵

 19日から開幕する第72回秋季関東大会。センバツをかけた大会として、注目度が大会だ。そんな大会の見所を前編・後編にわけて紹介。後編は大会2日目の見所を紹介。

前編はこちらから!
センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト

敷島球場第1試合 青藍泰斗(栃木1位)vs西武台


 22年ぶりの県大会優勝を決めた青藍泰斗はエース左腕・大金裕人に注目。県大会では完封勝利を挙げるなど安定感のある投球を見せてきた。また下級紙絵の時から経験豊富の佐々木 康は投打の中心。石川 翔(中日)の弟・石川 慧亮もセンス抜群の外野手だ。

 一方、西武台は技巧派左腕・増田優真と、強肩とインサイドワークの高さが光る伊澤 走のバッテリーに注目。埼玉のライバルを苦しめたコンビネーションを関東大会でも見せていきたい。

 注目選手
大金 裕人(青藍泰斗
石川 慧亮青藍泰斗
佐々木 康青藍泰斗
増田優真(西武台
伊澤 走西武台

敷島球場第2試合 常総学院(茨城1位)vs健大高崎(群馬3位)



菊地 竜雅(常総学院)

 今大会優勝候補の1つである常総学院が登場。エース・菊地 竜雅は最速150キロのストレートを武器にする今大会注目の速球派右腕。関東大会では背番号1を担う一條 力真も長身から繰り出す130キロ後半の速球を武器にする好右腕だ。今年の打線は昨年ほどの迫力はないが、上位下位と切れ目ない打線が特徴だ。

 一方、健大高崎は130キロ後半の速球を投げ込む下 慎之介、130キロ後半の速球を投げ込む大型右腕・橋本 拳汰の2枚看板に注目。打者では左の強打者・安齋 駿斗は投手としても135キロ前後の速球を投げるが、打者としての能力の高さを評価され、野手起用となっている。また、1年生ながら主軸を務める小澤 周平はチームでもトップクラスのスイングスピードを誇る強打者。小柄ではあるが、思い切りの良い打撃スタイルに注目だ。

 両校、レベルが高い選手を揃え白熱とした勝負が期待できそうだ。

 注目選手
菊地 竜雅常総学院
一條 力真常総学院
下 慎之介健大高崎
橋本 拳汰健大高崎
安齋 駿斗健大高崎
小澤 周平健大高崎