第969回 神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】2019年09月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]シード校などの大会情報
[2]各ブロックの注目ポイント

シード校などの大会情報



甲子園を経験する田中瞬太朗(神村学園)

 第145回九州地区高校野球大会鹿児島県予選は9月21日に開幕予定だったが、荒天が予想されるため23日からに変更となった。10月7日まで(※準決勝前日は休養日)、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で秋の九州大会を目指した熱戦が繰り広げられる。優勝、準優勝校が来春のセンバツ甲子園の重要資料となる九州大会(10月19日―24日・佐賀)に出場する。

 出場は連合6チームを含む61チーム73校。抽選会では、8月にあった各地区大会の優勝校、鹿児島実鹿児島玉龍鹿児島南神村学園川内商工加治木鹿屋中央大島(※鹿児島市内は3位校まで、大島地区と熊毛地区は1年交代でシードになる)の8校がシードされた。

 夏の甲子園出場校・神村学園が夏を経験している主力選手が残っており、優勝争いの本命に挙げられるが、新チーム最初の県大会はどこも実力未知数でどこが勝ち上がってもおかしくない。神村学園だけでなく、夏の主力選手だった1、2年生が残っているチームも多く、彼らが順調に成長して力を発揮すれば、レベルの高い上位争いが期待できそう。組み合わせを4つのパートに分けて大会の見どころを探ってみた。

【次のページ】 各ブロックの注目ポイント

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島実vs鹿屋中央【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs枕崎【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島実vs大島【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs加治木工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第955回 八戸学院光星vs智辯学園の一戦に要注目!大会7日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第4回 神村学園高等部(鹿児島)【2年ぶり5回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム