目次

[1]中京大中京などの伝統の強豪校を軸に、今夏好成績だった至学館、星城が追う展開に
[2]今夏決勝まで進出した桜丘らを筆頭に、伝統の名門校も上位を狙う

 この夏の愛知大会は名古屋市内勢ではない、尾張地区のと東三河地区の桜丘という決勝カードになった。どちらが勝っても初優勝というフレッシュな対戦となったが、が初優勝した。

 果たして今秋はどうなっていくのだろうかと思われるが、やはり名古屋市内勢、それも伝統の私学4強が中心となっていくであろうという構図そのものは変わらないだろう。そんな愛知県の秋季大会を占ってみた。

中京大中京などの伝統の強豪校を軸に、今夏好成績だった至学館、星城が追う展開に


 名古屋市内予選、二次トーナメントは中京大中京東邦が2回戦で対決して中京大中京が大差で勝った。中京大中京はそのままトーナメントを勝ち上がっていって市内1位となった。

 他にベスト4には享栄愛工大名電とこの夏にセンバツ優勝校の東邦を下したということで注目された星城が残った。やはり、このあたりが有力校となっていくだろう。中京大中京は夏からのエース高橋 宏斗君がおり、打線も西村 友哉君や印出 太一君ら経験のある選手を中心に力強く優勝候補の筆頭と言っていい。

 追うのが、夏から1年生で1番をつけていた田村 俊介君が健在の愛工大名電寺嶋 大希君、平口寛人君と投手陣の駒も豊富で、やはり優勝候補の一角に挙げていい存在であろう。また、大藤敏行監督の実質2年目となる享栄は左腕の上田 洸太朗君が安定しているし、センスのいい彦坂 藍斗君を中心とした打線で上位を狙う力は十分だ。

 夏ベスト4の至学館も、軸として投げた渡邉 都斗君がおり、グラウンドが完成してこれまでのチームから、ややスタイル変更も目指していこうと機動力に含めて打撃力をアップしていっている。新しい至学館が、一波乱二波乱起こす可能性は十分にある。

 星城は旧チームから残った宮川 怜 君と坂井田 悠真君が中心となるのだろうが、選手育成手腕には定評のある平林宏監督である。名古屋市二次トーナメントでは決勝進出を果たして、選手たちにも実績を上げることで自信をつけさせている。この秋季大会では、新たな戦力の台頭も十分に見られるであろう。

 今春、注目を浴びた中部大一春日丘の2校と、愛知産大工名古屋市工名古屋市工芸あたりも力はありそうだ。



安城ナイン

 甲子園初出場を果たしたは、甲子園帰りの最初の公式戦の尾張地区二次予選では初戦で愛知黎明に敗退。その愛知黎明は次戦で創立15年目という公立校の杏和に敗れている。その杏和を下したのが愛知啓成

 そして、決勝は系列校対決となったが大成が接戦で愛知啓成を下している。の躍進が刺激となって、尾張地区各校は、「自分たちも行けるぞ」という意識にもなってるであろう。誠信清林館杏和はじめ小牧愛西工科小牧南などの公立勢の頑張りも期待したい。混戦から出てきた各校は粘りがありそうだ。

 西三河勢は、相変わらず10校近くがしのぎを削り合い混戦状況となっているが、昨夏の記念大会で甲子園を経験している愛知産大三河は3位校としての進出となるが、やはり安定している。

 地区予選の決勝を争った岡崎工科安城は、その戦いぶりは大いに期待できそうだ。岡崎工科柵木 和陽君と山田航君のバッテリーがそのまま残ったのも強みだ。安城は、加藤友嗣監督の、意表を突く采配も見物となる。さらには豊田北もどこまで食い下がるかも注目したいところだ。昨夏の東愛知大会準優勝で秋も県大会ベスト4西尾東ももちろん侮れない。