第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!2019年08月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 20日、第101回全国高等学校野球選手権は準決勝が開催される。今回は準決勝2試合の見所について迫っていきたい。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会



第1試合 履正社(大阪)vs明石商(兵庫)
  関西決戦。お隣同士の対決で、大きく盛り上がりそうだ。履正社はここまで4チーム最多の6本塁打、最高の打率.365をマークしている。打ち合いならばどこにも負けない。ここまで4試合登板の清水 大成はしっかりとコンディショニングを整えて臨めるか。関東一戦で光った変化球を低めに集める投球で打たせて取っていきたい。ただ、清水はあまり連投が利くタイプではないので、投手総動員も考えたほうがよさそうだ。

 履正社星稜奥川 恭伸に抑え込まれて対応力を磨いてきた打撃を発揮したい。

 対する明石商はエース・中森 俊介が先発しないと流れを持っていかれるリスクがある。打線は来田 涼斗がどれだけチャンスメイクして、ポイントゲッターになれるかが勝敗の分け目になりそう。ここまで小技を駆使した攻撃も光っているが、明石商に流れを持っていくためにはここまで0打点の来田の打撃がカギになりそう。

 もちろん来田が打てなくても2番水上 桂、3番重宮 涼、4番安藤 碧がいるが、戦意を喪失させるには主役の豪打は大きなダメージになる。来田の一打席、一打席に注目したい。

 この試合は5点~7点の勝負となりそう。明石商は接戦に持ち込み、勝負所で決める一打・小技を見せていきたい。履正社は強打で序盤から突き放す試合展開を見せたい。

第2試合 中京学院大中京(岐阜)vs星稜(石川)
 岐阜石川と隣県同士の対決。中京学院大中京はエース・不後 祐将は6,7回前後まで投げて、元 謙太赤塚 健利らが投げてつなぐ形となりそう。中京学院大中京が恐れる展開は星稜vs仙台育英のような試合展開。7回まで接戦に持ち込み、お得意の逆転劇で追い詰めていきたい。

 対する打線は4番藤田 健斗を中心に4割以上の打者が5人おり、どこからでもチャンスを作れる。

 星稜の林監督は中京学院大中京を後半に強いチームだと警戒しており、エース・奥川 恭伸の起用は分析をしてから決めたいと考えたいと話していた。先発して、早めに圧倒するか、奥川以外の投手で試合中盤まで踏ん張ってもらい、試合終盤で奥川を起用して、逃げ切りたいところ。また追い上げ体制に入る中京学院大中京の反撃にあっても追いつけない程度の点差をつけていきたい。打線では1番・東海林 航介、7打点の今井 秀輔、2本塁打の内山 壮真あたりがカギとなりそうだ。

 中京学院大中京が終盤まで接戦に持ち込むことができれば、7回から試合展開が大きく動きそう。接戦となれば、5点勝負の試合展開となりそうだ。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
赤塚 健利(中京学院大中京) 【選手名鑑】
安藤 碧(明石商) 【選手名鑑】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
元 謙太(中京学院大中京) 【選手名鑑】
重宮 涼(明石商) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
不後 祐将(中京学院大中京) 【選手名鑑】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】
水上 桂(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム