第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所2019年08月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]明石商(兵庫)vs八戸学院光星(青森)/中京学院大中京(岐阜)vs作新学院(栃木)
[2]星稜(石川)vs仙台育英(宮城)/履正社(大阪)vs関東一(東東京)

 ベスト8が出揃った。昨年の準々決勝もハイレベルな試合ばかりだったが、この試合もお互いの実力が拮抗しており、展開が読めないゲームになりそうだ。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会



中森俊介(明石商) 武岡龍世(八戸学院光星) 写真=共同通信社

第1試合 明石商(兵庫)vs八戸学院光星(青森)

 昨夏に続き2年連続の対決。昨夏は延長戦までもつれた打撃戦が繰り広げられたが、今年も終盤までもつれる試合展開になりそう。

 明石商はエース・中森 俊介は中6日で迎えられるのは大きい。前回は147キロ計測も、ギアを入れても140キロ後半がみられなかった。140キロ前半を出していてもすごいのだが、夏の甲子園では140キロそこそこでは簡単に打たれる大会となっている。登板となれば、140キロ後半の速球を見せて、圧倒する投球で、八戸学院光星打線の勢いを止めたい。この試合では内角攻めがカギになるのではないだろうか。

 打線は来田 涼斗水上 桂重宮 涼安藤 碧の4人がどれだけ機能するか。小技だけではなく、長打を絡めた攻撃を行っていきたい。

 八戸学院光星は投手総動員で勝負。目先を変えながら、明石商打線の狙い球を絞らない投球を見せたい。

 打線は甘いストレート、高めに入った変化球を長打にして、着実に点を重ねていきたい。

 八戸学院光星は打撃力が注目されるが、守備も手堅い。堅実な試合運びで後半勝負に持っていきたい。

 お互いの総合力を勘案すると、3点~5点勝負になりそうだ。

第2試合 中京学院大中京(岐阜)vs作新学院(栃木)

 後半に強い中京学院大中京と先制攻撃が得意な作新学院の一戦。まずは中京学院大中京の立ち上がりの守備、投球がポイントとなりそう。中京学院大中京のエース・不後 祐将は内角ストレート、外へ逃げる変化球をしっかりと投げ分けができるか。また走者を出しても作新学院の揺さぶりに負けない守備を見せていきたい。

 作新学院はエース・林 勇成がこの2試合続けて好投を見せているが、この中京学院大中京戦はこれまでの2試合のようにいかないことも覚悟したほうが良いだろう。中京学院大中京の選手は選球眼もよく、緩急をつかれても、甘く入ったゾーンを打ち返す打力があるからだ。そこは二遊間を中心とした堅い守備で守りぬきたい。

 選手の技量、ポテンシャル、選手層の厚さは中京学院大中京が上回っているが、野球のきめ細かさ、走塁技術では作新学院のほうが上回る。両チームの良さが出れば、5点~8点の勝負となりそう。

【次のページ】 星稜(石川)vs仙台育英(宮城)/履正社(大阪)vs関東一(東東京)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム