第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】2019年08月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野手は木製バットで長打が打てる可能性を持った11人をピックアップ
[2]守備力よりパンチ力を大事に選出!

 前回は投手を紹介したが、今回は野手だ。野手は木製バットで長打が打てる可能性が高い選手を選んだ。理由は韓国、台湾の選手を見ると、バットが折れても、ポテンヒットが打てるぐらいのパワーを持った選手を選んでいるからだ。今年の高校生でも限られた練習期間の中でも木製バットでも結果を残せる選手はいる。

 

 今年は高校日本代表候補の合宿があり、打撃練習や紅白戦を見て、対応力が高かった選手は夏になっても活躍しており、優先的にピックアップさせていただいた。 

投手編はこちら
佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】

野手は木製バットで長打が打てる可能性を持った11人をピックアップ



東妻純平(智辯和歌山) ※提供=共同通信社
 

【捕手】3人
東妻 純平智辯和歌山
有馬 諒近江
小山 翔暉東海大菅生

 捕手は3枠。まず強肩強打の捕手として東妻 純平。今年の右打ちの捕手では最も良い形で打てて、パワーもあり、さらに1.8秒台の強肩、キャッチング技術の高さ、冷静なリードと春から夏にかけて成長を見せている。

 有馬 諒も1.8秒台の強肩、リードセンス、キャッチング技術も注目だが、何より良いのは高校生とは思えないほど落ち着いた人柄。有馬ならば日本代表の良さをしっかりと引き出せるのではないかと期待している。

 最後の1人は小山 翔暉。小山は走攻守の総合力は今年の高校生でナンバーワン。小山は東京代表でキューバ遠征を経験しており、キューバ遠征の最終戦では決勝の逆転2ランを放ったように木製バットの対応力は高い。さらに塁間タイムは3.9秒、三塁打のタイムは11秒32を計測するように、捕手どころか、今年の高校生野手ではトップクラスの脚力を誇る。さらに1.8秒台の強肩も、正確にコントロールできる。小山は外野手も経験していて、東海大菅生の若林監督によるとショートもこなせるセンスの高さもあり、いろんなポジションで使える選手ではないだろうか。小山がいると打線はかなり厚みが出ると信じている。



石川昂弥(東邦) ※提供=共同通信社

【内野手】5人
上田 希由翔愛知産大三河
黒川 史陽智辯和歌山
石川 昂弥東邦
遠藤 成東海大相模
武岡 龍世八戸学院光星

 

 上田は全国的な知名度はないが、昨夏の甲子園を経験し、昨秋から日本代表を目指してバックスピンをかけて打球を飛ばす方法に取り組んで、本塁打を量産したスラッガー。高校日本代表の研修合宿に参加した野手の中でも、ピカイチな選手だった。上田はそれほど捻りを入れず、手元まで呼び込んで縦振りのスイング軌道でボールを捉えるスラッガー型のスイング。速球、変化球の対応力も高く、穴が少ない。愛知大会は20打数10安打2本塁打10打点の活躍。上田が入ることで打線の厚みが全く違う。

 黒川も研修合宿では好投手から逆方向へ長打を放ったり、140キロ超のストレートも振り遅れせずに打てる選手。セカンドの守備も上達し、ポジショニングの指示、回りの声かけもしっかりしており、リーダーとしても適任だ。

 石川は今年の高校生スラッガーではナンバーワンと呼べるほどの打力があり、夏の甲子園をずっと見ていると、石川のような凄みのある打者はほとんどいないので、改めて石川は打者として傑出した存在だったと実感している。木製バットになると体が突っ込み気味になる点が気になるが、しっかりと修正すれば、クリーンナップとして活躍できる。

 また三塁守備もスピード感があり、抜群の強肩で、和製・ノーラン・アレナド(ロッキーズ)になれる可能性を持った逸材だと評価している。
 また投手としても制球力が高いので、強豪国として対戦しない国で起用できれば、うまく佐々木、奥川らの主力投手を温存できると考えられる。

 遠藤は長打力もあり、打撃フォームを見てもインサイドアウトのスイングができており、さらに東海大相模で叩き込まれた積極的な走塁もあるので、足を重要視する日本代表にとっては重宝する選手。また投手としても145キロの速球、切れのあるスライダー、フォークを投げる遠藤はかなり大きい存在だ。

 そして武岡は夏にかけて打撃内容が良くなっており、スイング軌道も縦振りでよいものになっている。遊撃守備もポジショニングが良くなり、ボールに食らいつく泥臭さもある。何より誰でも気さくに打ち解ける人柄もよい。

【次のページ】 守備力よりパンチ力を大事に選出!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs湘南学院【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs東海大菅生【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
愛知産大三河 【高校別データ】
明石商 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム