第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】2019年08月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強豪国でも勝負できる9人の剛腕たち
[2]各投手の持ち味を紹介

 2016年から始まった大好評企画「高校野球ドットコムが選ぶU-18代表」は今年で4回目!高校野球ドットコムが選ぶ20名を紹介。これは予想ではなく、独断で選んだ選出なので、ファンの方は楽しく読んでいただきたい。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

強豪国でも勝負できる9人の剛腕たち



日本の至宝・佐々木朗希(大船渡) ※提供=共同通信社

 昨年、宮崎で開催された「第12回 BFA U18アジア選手権」では3位に終わった日本。そこで代表選手の条件を考え直す1年だった。

 また高校野球ドットコムは昨年12月に東京代表のキューバ遠征に帯同。木製バットを使い奮闘する選手たちを見て、世界で戦える選手はどんな選手なのかと考えを深める機会となった。さらにセンバツ後の高校日本代表の研修合宿も見識を深めるためには、非常に良い機会となった。

 選手たちの練習で意識していること、練習での動き、木製バットを使った紅白戦を見て、世界で通用する選手の線引きもできるようになった。その情報を生かして、春と夏。全国を飛び回った。逸材選手の映像をできるだけ取り寄せて、じっくりチェックを重ねた。
 悩みに悩んで選んだ20名を紹介したい。この20名こそが世界で戦える選手たちで、将来、プロを狙える逸材として、世界大会を経験をさせるべきと考えた。

 

強豪国でも勝負できる9人の剛腕たち

【投手】
佐々木 朗希大船渡
奥川 恭伸星稜
西 純矢創志学園
飯塚 脩人習志野
浅田 将汰有明
池田 陽佑智辯和歌山
宮城 大弥興南
玉村 昇悟丹生
及川 雅貴横浜

【次のページ】 各投手の持ち味を紹介

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
丹生 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム