第955回 八戸学院光星vs智辯学園の一戦に要注目!大会7日目4試合の見所!2019年08月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]宇和島東(愛媛)vs宇部鴻城(山口)/海星(長崎)vs聖光学院(福島)
[2]智辯学園(奈良)vs八戸学院光星(青森)/神村学園(鹿児島)vs高岡商(富山)

 大会7日目。この日で49代表校が出揃う。初戦を終え、2試合目を迎える学校は本来の実力を発揮できるかもポイントになりそうだ。そんな7日目4試合の見所を紹介したい。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会



土居毅人(宇和島東)

第1試合 宇和島東(愛媛)vs宇部鴻城(山口)

 かつての牛鬼打線を思い出す強力打線で乗り込む宇和島東。打線の中心は、打率.545を記録した村上 裕一郎。手元まで呼び込んで豪快なスイングから振りぬく打球の鋭さは素晴らしく、甘く入れば甲子園でもスタンドインできるパワーは持っている。その中村を中心に、集中打で打ち崩す打撃は怖さを感じる。投げては技巧派サイド・舩田 清志、甲子園からベンチ入りする土居 豪人松山聖陵卒1年目)の実弟・右スリークォーターから最速137キロのくせ玉を投げて勝負する右腕・土居毅人の起用もポイントだ。

 宇部鴻城の本格派左腕・池村健太郎は140キロ台の速球、120キロ台のスライダーで翻弄する。ただ、四死球が多く、32イニングで15四死球。また22奪三振と、ボールの勢いのわりに、三振はあまりとれていない。池村のコンビネーションがハマれば、打ち取れるが、思うようにいかない場合の継投策もあるだろう。

 打線は1番で俊足の岡田 佑斗は逆方向にも長打が打てる左の巧打者。岡田含め4番・田中 力など本塁打を打っている打者が5人おり、どこからでも長打が出る打線である。

 個々の能力でいえば、宇部鴻城が上回っているが、宇部鴻城のエース・池村は成績部分に不安があり、その通りにいくと、5点~8点勝負の打撃戦となりそうだ。

第2試合 海星(長崎)vs聖光学院(福島)

 両チームの主将に聞くと、共通しているのは今年は守備のチームだと口をそろえる。海星は長崎大会では集中打を勝ち上がってきたが、坂本芽玖理主将はここぞという場面で守りぬいた守備こそが持ち味だと語る。6二塁打を放っている2番・大串祐貴、本塁打を放っている6番・村上流星、7番・浦田俊輔など打力が高い選手が揃う。投げては技巧派右腕・柴田 蓮人、速球派右腕・江越 永輝 、丸高遼の3枚看板で勝負。

 一方、聖光学院も春に敗れてからピンチどころで守れるチームを目指してきた。その証拠に福島大会では2失策と堅い守備を見せている。左腕・須藤 翔が最少失点で切り抜ける。また控え投手も控える。

 実力は同等。終盤までもつれる接戦になるのではないだろうか。こういう緊迫した試合はエラーが出たチームが負ける。最後まで守り抜いたチームが勝者となるだろう。

【次のページ】 智辯学園(奈良)vs八戸学院光星(青森)/神村学園(鹿児島)vs高岡商(富山)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第15回 夏13連覇中!福島の強豪・聖光学院の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs種子島・種子島中央・屋久島【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs加治木工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語るバッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム