第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!2019年08月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 大会4日目。ここから選抜準優勝の習志野など実力校が登場する。そんな大会4日目の見所を紹介したい。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会



西舘 勇陽(花巻東)

第1試合 花巻東(岩手) VS 鳴門(徳島)

 花巻東は機動力、守備力、打撃力ともに高く、本塁打を打つ選手は少ないが、終盤の集中打が怖いチーム。俊足でパンチ力のある打撃を見せる向久保 怜央横浜隼人の水谷監督の息子・水谷 公省とパンチ力のある打者が揃う。投手陣では、左腕・中森 至、149キロ右腕・西舘 勇陽のリレーで逃げ切る。佐々木監督は「岩手で勝つことが大変でした。全国で勝てるチームだと思います」とチーム力の高さを評価する。

 鳴門は4番・浦 和博が軸。徳島大会18打数11安打6打点1本塁打・打率.611の好成績を残し、さらに三振0の巧打者。何より構えが良く、今年の鳴門は無駄な動きをしている選手がいないので、左投手にも対応できる形となっており、好投手相手にも対応できる実力は持っている。左腕・西野 知輝は徳島大会5試合を投げ切ったが、130キロ前半の速球、スライダーを丁寧に投げ分ける投球スタイルが持ち味。ローリスクのピッチングができており、花巻東打線でも対応は難しそうだ。

 両チームの総合力、経験値の高さを考えると、中盤まで接戦で動きそう。終盤戦で一気に動く可能性がある。その流れをつかんだチームが勝者となりそうだ。

第2試合 飯山(長野)vs仙台育英(宮城)

 シード校を立て続けに破ってきた飯山。そのカギを握るには、2年生右腕の常田 唯斗。伸びのある140キロ前後の速球で封じ込んできた。打者も突出した能力を持つ打者はいないものの、つなぎ、粘りの野球でしぶとく点を取る野球でくらいついていきたい。

 仙台育英伊藤 樹笹倉 世凪の1年生投手コンビが注目されるが、打力の高さがこのチームの自慢。4番の小濃 塁、2年生スラッガー・入江 大樹を中心にスタメン全員の打力は非常に高いものがあり、つながったら止まらない怖さがある。選手の質、総合力の高さという点では仙台育英が上回っている。

 まず飯山としては序盤戦は仙台育英打線を抑え、戦術を駆使して、点数を重ね、リードに持っていきたい。まずは仙台育英を焦らせる戦いができるか。



飯塚 脩人(習志野)

第3試合 習志野(千葉)vs沖縄尚学(沖縄)

 ノーシード8校がベスト16に残った戦国千葉を勝ち抜き二季連続の出場を決めた、選抜準優勝の習志野竹縄 俊希主将は「粘り強さというのをこの春から求めていて、だいぶ強くなったと思いますし、本当に苦しい戦いが多かったのですが、それを勝ち抜くことで自信になりました」と胸を張る。接戦の強さは全国トップクラスで、戦術の引き出しの多さも多く、嫌らしいチーム。投げては150キロ右腕・飯塚 脩人だけではなく、左腕・山内 翔太の投球も鍵を握る。低めに変化球をコントロールできる投手で、さらに130キロ前後のストレートの切れもよく、センバツよりも成長を見せている。

 対する沖縄尚学興南の左腕・宮城 大弥を攻略した強力打線。高校通算32本塁打の水谷瑠佳、13四死球を選んだ神里 航平の出塁と打撃がカギになりそう。投げては左腕・仲村渠 春悟、右腕・永山 蒼、右腕・比嘉 大智の3人がスタンバイ。沖縄大会では3人とも10イニングを投げており、状況に応じて継投策もありえそうだ。

 試合巧者の習志野が序盤から試合の主導権を握ると、小刻みに点を入れて最後は突き放す試合展開になりそうだが、沖縄尚学は宮城を打ち崩して自信をつけている。両校、思惑通りに試合を運ぶには序盤戦の試合運びがカギとなるだろう。どちらに転がってもおかしくない実力校対決だ。

第4試合 高松商(香川)vs 鶴岡東(山形)

 実力校対決でどちらが転がってもおかしくない好カード。高松商は左腕・香川 卓摩は切れのあるストレート、多彩な変化球を武器にする技巧派左腕。打線もエンドラン、盗塁を絡めた多彩な攻撃が持ち味で、早めに仕掛ける野球を見せていきたい。

 対する鶴岡東は山形大会で5本塁打を放った強打が持ち味。3本塁打の丸山 蓮、打率5割の山下 陽生も一発を打つ長打力があり、強打の捕手・大井光生も一発を打てる長打力を秘める。また1失策しかしていない守備も見逃せない。春から守備面の成長がみられ、投手陣も力のある丸山など6人の投手が控える。突出した能力を持っていない分、軒並み130キロを超える投手が揃い、躊躇なく継投策に行けるのが強み。

 高松商は香川が踏ん張りつつ、小刻みに点を加える試合展開にしていきたいところ。鶴岡東は大事に守りつつ、自慢の長打で一気に点を加える展開にしたい。勝負は3点~6点勝負の展開になるのではないだろうか。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第6回 飯塚 脩人(習志野)リリーフで強みを発揮する剛腕!日本代表でも窮地を救うピッチングを見せる!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
仙台育英vs鳴門【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鶴岡東vs習志野【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
飯山 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
善通寺一・飯山 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム