第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち2019年07月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]長所を引き出した29歳の青年監督
[2]エースの存在の大きさ

 東西東京大会が終わった翌日に、関東地方の梅雨明けが発表された。それだけ雨に悩まされ続けた3週間余りであった。連日の雨の中でもグラウンドを整備し、パズルのように複雑な日程調整をしながら、最終的には予定通り大会を終えた関係者の苦労に、まず敬意を表したい。

 第101回大会、令和元年と、新たの時代の到来を感じされる今大会は、波乱続きであった。とりわけ東京の高校野球をリードしてきた早稲田実業日大三帝京が準決勝に残ることなく姿を消した。これは東京が東西2代表になった1974年の第56回大会以降、初めてのことだ。また早稲田実業が国分寺市に移転し、西東京に編入されてから、早稲田実業日大三も4強に残れなかったのも、初めてのことだ。
 波乱の一方で、新たな時代の息吹も感じられた今年の東西東京大会を振り返る。
 今回は西東京を見ていく。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 西東京大会

長所を引き出した29歳の青年監督



國學院久我山・高下耀介(春の都大会・都立篠崎戦から)

 国士舘日大三早稲田実業東海大菅生など、優勝候補が相次いで敗れる中、西東京大会を制したのは、秋、春の都大会で8強止まりだった國學院久我山だ。特に秋は、エラーで自滅する形で敗れた。
 選手たちが問題点を自覚し、改善していった。尾崎直輝監督は、選手たちの長所をうまく引き出してチーム力を上げ、優勝に導いた。

 尾崎監督は29歳。東京で20代の監督が優勝するのは、久々である。
 東京の高校野球をリードしている帝京の前田三夫監督も、日大三の小倉全由監督も20代で監督として甲子園に行っている(小倉監督は関東一の監督として)。早稲田実業の和泉実監督も30代前半に優勝している。

 それに比べると、近年は若い指導者があまり台頭していなかった。東京の高校野球の発展のためには、世代や背景が違う指導者が切磋琢磨し合うことが望ましい。
 準優勝の創価の片桐哲郎監督は、指導者経験は豊富だが、1976年生まれで若い方に入る。

 小倉監督や和泉監督、それにプロ野球経験者である東海大菅生の若林弘泰監督といったベテランの指導者が覇を競い合っている中に、若手の指導者が入り込んできた。東京の高校球界にいい刺激になるに違いない。

完成されたチームの難しさ



東海大菅生(春の都大会・国士舘戦から)

 今年の西東京でダントツの優勝候補は、東海大菅生だった。投、攻、走、守のあらゆる面で高いレベルでスキがなく、完成されたチームだった。

 これだけ完成されたチームは、一度センバツにピークを持って行って戦い、大会後は一度リセットしたうえで、夏に臨むべきなのかもしれない。しかし力はありながらセンバツに出場できなかった。そのためリセットする間もなく、関東大会を戦った。

 エースの中村 晃太朗が6月に、走り込みで膝を痛めたのが響いた。
 強肩、俊足、強打の捕手である小山 翔暉、華麗な守備の遊撃手・成瀬 脩人らを甲子園でみられないのは、寂しい気がする。

【次のページ】 エースの存在の大きさ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
世田谷西シニアvs八王子シニア【ジャイアンツカップ2019】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第42回 今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由【101回大会特集】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1006回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第988回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
小山 翔暉(東海大菅生) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
成瀬 脩人(東海大菅生) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
啓明学園 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国際基督教大高 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立小平西 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
帝京八王子 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
都立田無 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明大中野八王子 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム