第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!2019年07月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]東海大相模の強さを感じた2試合 ベスト4進出チームの総括
[2]ベスト8敗退の横浜高校の課題

 今年の神奈川大会は東海大相模の優勝で幕を閉じた。そんな神奈川大会を徹底総括したい。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

東海大相模の強さを感じた2試合 ベスト4進出チームの総括



2年生スラッガートリオ 左から鵜沼魁斗、山村崇嘉、西川僚祐 ※春季大会で撮影

 今年の東海大相模はエグイ強いチームだなと思った瞬間が2つある。春季大会の日大藤沢戦ではいきなり2点の先行を許す苦しい試合展開。それでも、好左腕・武富 陸を攻略して最終的には7対3で勝った。最初は武富が繰り出す140キロ前後の速球、切れのある変化球に苦しみながら、ファールで粘り、球数を重ねながら、終盤にボールが浮いてきたところを着実に逃さず、攻略する場面を見て、恐ろしさを感じた。

 2つ目は準決勝の山村学園戦。この試合では左腕・和田 朋也の対応に苦しみ、6回まで0対1とリードを許す展開。その間、何度もピンチをまねきながらも堅い守備で点を与えない場面が目についた。打撃型のチームは簡単なミスで点を与えてしまう傾向があるのだが、東海大相模はピンチの場面でも慌てない。そういうところの強さを感じた。

 だから関東大会の優勝も、練習試合で奥川 恭伸星稜守備陣の隙をついて5得点を奪って勝ったのも驚きはない。もちろん、夏の神奈川制覇もだ。

 神奈川決勝では、24得点を奪い、戦後の神奈川大会決勝の最多記録を更新。鵜沼 魁斗山村 崇嘉西川 僚祐の2年生スラッガートリオ。二刀流・遠藤 成が決勝戦で本塁打を放った。パワー面だけではなく、手を緩めない積極的な攻撃、走塁は隙がなかった。また投手陣は石田 隼都紫藤 大輝野口 裕斗冨重 英二郎諸隈 惟大 と遠藤の6人で運用を進めて継投策で逃げ切った。甲子園でも優勝候補として臨んでくれそうだ。

 準優勝の日大藤沢は序盤から厳しいブロックを勝ち上がった3回戦では好左腕・佐藤 一磨擁する横浜隼人にサヨナラ勝ち、準々決勝では試合巧者の鎌倉学園に4対1で競り勝ち、準決勝の桐光学園には終盤に突き放し7対5で勝利。ただ、準々決勝、準決勝で完投勝利したplayer]武冨陸[/player]は決勝戦で精彩を欠いた。武富は今大会144キロを計測するなど成長を見せたが、疲労の影響は隠せなかった。それでも次の世代は楽しみな選手が多い。今大会3本塁打を放った強打の捕手・牧原 巧汰、4番を打ち、次のチームでは投手としての活躍も期待される姫木 陸斗を中心に力のある選手が多い。決勝戦で大敗した悔しさは日大藤沢ナインのエネルギーになるはず。力のある選手が多いこの世代こそチャンスだ。

 ベスト4の桐光学園谷村 然安達 壮汰冨田 冬馬を中心とした強力投手陣、鈴木 智也、俊足巧打の大型遊撃手・楠本 龍聖、安達を中心とした打線も強力だった。優勝を狙える戦力だったが、神奈川を勝ち抜く厳しさを実感する。まだ投打の柱・安達が残る。どのようにチーム作りをしていくのか、楽しみだ。

 ベスト4の相模原は佐相監督の指導により毎年、強打のチームを作り上げるが、今年の完成度は例年以上だった。今大会4本塁打を放った温品直翔を中心とした破壊力ある打線で、投手力のある湘南学院横浜を破り、今大会一のサプライズとなった。また、来年も強豪私学を脅かすチームを作り上げるか注目だ。

【次のページ】 ベスト8敗退の横浜高校の課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第163回 佐倉シニアの恩師が語る2017年黄金世代の選手たち。プロ入り選手以外も実力派揃い【高校野球コラム】
第29回 今年最も多くアクセスされた学校は?2020年の人気学校ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1291回 苦しみ抜いた中川颯(桐光学園ー立教大)が生み出したアンダースロー論 vol.3 【2020年インタビュー】
第1291回 県内屈指のアンダースローのきっかけとなった帝京戦 中川颯(桐光学園ー立教大) vol.2 【2020年インタビュー】
第1290回 負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1 【2020年インタビュー】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1261回 大学生トップクラスの守備職人・瀬戸西純(慶応大)の高い守備をもたらしたのは「壁当て」 【2020年インタビュー】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
館山昌平、復活への道
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
大宮商・上尾鷹の台・上尾橘連合チーム 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
相模原青陵・厚木西・神奈川総合産 【高校別データ】
相模原弥栄 【高校別データ】
座間 【高校別データ】
湘南 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
相模原中等教育 【高校別データ】
湘南工大附 【高校別データ】
神港橘 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
藤沢清流 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
大和東・相模原中等教育 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
コメント (1)
今の横浜でいいと思う2019.07.31 父親目線
横浜に行く子はプロを目指す子が多い。今の横浜はその子たちに自分で考えることや、野球選手としてのノリシロが出来る練習や試合をしている。選手に試合で失敗を体験させ、感じさせる。
高校野球ファンには物足りないのだろうが、親もスタッフもその先を見据えている。 素晴らしい。
名の通ったシニアやボーイズはそのことを知ってるので、プロ注の中学生は今後もっと集まってくるのでは、と思う。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム