目次

[1]抜群の安定感を示した習志野
[2]しっかりとチームを仕上げればどこがベスト16入りしてもおかしくない

 今年の千葉は習志野が優勝を決めた。令和最初の千葉大会は結果を振り返れば、戦国千葉に相応しいものだった。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

抜群の安定感を示した習志野


 毎年戦力図が入れ替わる千葉県。今年はベスト16ではノーシードが8校、ベスト8になっても4校が残り、そしてノーシードの八千代松陰が決勝戦まで勝ち上がり、令和最初の千葉は戦国千葉に相応しい大会結果となった。

 その中で優勝した習志野の安定感は抜群だった。エース・飯塚 脩人、左腕・山内 翔太を中心にバランスよく投手起用。飯塚になるべく負担をかけない形で運用し、勝負所の準々決勝の成田戦、準決勝の木更津総合戦を持って行った起用は見事。また山内も決勝戦で1失点完投勝利を挙げ、盤石の試合運びを見せた。また打線は根本 翔吾高橋 雅也などの上位打線を中心に着実に点を重ね、試合の主導権を握る試合運びは隙がなかった。東邦明豊といった選抜上位チームの敗退が相次いでいる中、この安定感は脅威。チームは選抜よりもさらに成熟し、今年の甲子園でも優勝候補として臨むことになりそうだ。

 準優勝の八千代松陰市原中央はAシードの専大松戸、Bシードの千葉明徳を破るなど快進撃を見せた。投げては右サイドの川和田 悠太が連日の好投。昨秋の一次予選ではまだ今のようなエースという立場では地道に努力を重ね、八千代松陰には欠かせないエースへ成長。130キロ前後の直球ながら、変化球を内外角に丁寧に投げ分けるピッチングスタイルは右サイドのお手本のような投球だった。また千葉県ナンバーワンショート・長岡 秀樹、強打の外野手・大竹 隼平を中心に力強い打線も印象的だった。

 4連覇がかかった木更津総合は準決勝で敗れたが、習志野と死闘を演じたチーム力の高さは全国レベルと印象付けるものだった。篠木 健太郎根本 太一の2人の速球派右腕は夏に向けて調子を上げていき、根本は147キロを連発するなど、肩の故障を克服し、復活を示したピッチングとなった。

 打線も習志野の飯塚から5得点を取るなど、秋、春の打線の内容から考えれば想像以上の成長を遂げてくれた。大会を振り返れば集中打でビッグイニングを作るなど、木更津総合らしい打撃内容を示し、しっかりと夏に仕上げてきた。

 その中で新チームもエースとして期待される篠木、左腕・吉鶴 翔瑛、スラッガー・斎藤匠を中心に投打で力強いチームに育て上げることを期待したい。