目次

[1]高松商vs高松工芸
[2]尽誠学園vs英明

 7月13日(土)に開幕、3日間の完全順延、ノーゲーム3試合など雨にたたられつつも、ついに準決勝進出の4校が決まった「第101回全国高等学校野球選手権香川大会」。今回は図らずも決勝戦は「公立校代表vs私学代表」となることが決した4校の勝ち上がり、大会中の戦力を分析しつつ、準決勝の構図を占っていきたい。

 準決勝 7月26日(金)
10:00 
高松商(大会3年ぶり47度目のベスト4・第1シード)
勝ち上がり 2回戦:坂出工8-0(7回コールド)、3回戦:坂出10-0(6回コールド)、準々決勝:観音寺一5-3
vs
高松工芸(大会10年ぶり4度目のベスト4・ノーシード)
勝ち上がり 2回戦:笠田11-4(7回コールド)、3回戦:藤井6-3、準々決勝:高松北4-1

 13:00
尽誠学園(大会3年ぶり23度目のベスト4・第3シード)
勝ち上がり 2回戦:観音寺総合12-2(7回コールド)、3回戦:善通寺一13-0(5回コールド)、準々決勝:大手前高松5-1
vs
英明(大会2年連続6度目のベスト4・ノーシード)
勝ち上がり
2回戦:琴平3-0、3回戦:志度7-4(延長10回)、準々決勝:四学大香川西8-0

 決勝戦 7月28日(日)12:30
*会場はいずれも香川県高松市のレクザムスタジアム

高松商vs高松工芸


 第1試合はセンバツ準優勝の主力が3年生だった2016年以来、3年ぶり34度目の決勝進出と第78回大会以来、23年ぶり20度目の夏甲子園を目指す高松商と、南川 忠亮(JR四国~埼玉西武ライオンズ)がエースだった2009年以来の準決勝から初の決勝進出・甲子園を目指す高松工芸とによる公立校対決。

 高松商はセンバツで春日部共栄(埼玉)相手に1勝をあげた実力派主力に加え、最後の夏で正捕手の座を奪い取った安部 祐慧(3年・175センチ91キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)、3回戦より一塁手に入った笠居 小史朗(2年・172センチ75キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)がいずれも本塁打を放つなど、選手層の厚さは他の追随を許さない。

 加えて腰の不安から「甲子園に行くために登板を我慢させてきた」(長尾 健司監督)侍ジャパンU-18代表候補最速142キロ左腕の香川 卓摩(3年・165センチ62キロ・左投左打・東かがわリトルシニア出身)も、準々決勝では高校通算28本塁打の田中 大貴(2年・遊撃手・右投右打・175センチ70キロ・右投右打・三豊市立三野津中出身)がリードオフマンを務める観音寺一相手に149球7安打13奪三振で3失点(自責点2)完投勝利。復活を遂げた。

 これに対し第4シードの藤井を3回戦で撃破した勢いで準々決勝も高松北を下した高松工芸は、3試合連続完投の向井 真澄(3年・179センチ71キロ・右投右打・高松市立勝賀中出身)、3試合12打数7安打4打点の1番・宮下 玲郎(3年・中堅手・169センチ64キロ・右投右打・高松市立木太中出身)に準々決勝で本塁打の大型5番・平井 章裕(2年・右翼手・186センチ89キロ・右投右打・高松市立木太中出身)らが軸となる。

 高松工芸としては先発が予想され、2試合12回を投げていまだ失点がない高松商の最速141キロ右腕・中塚 公晴(3年・172センチ71キロ・右投右打・高松市立桜町中出身)に対し、先制点・追加点を奪うことができれば、試合の趨勢は一気にわからなくなるだろう。