第936回 【東東京大会・準決勝展望】都立小山台vs上野学園、日大豊山vs関東一 ファイナルへ進むのは?2019年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]上野学園・赤坂と都立小山台の上位打線との対決
[2]関東一の谷・土屋、日大豊山の瀬川の投手戦か?

 連日の雨の影響で、3日連続で試合をするチームが出るなど、大会関係者は日程のやり繰りに苦労したが、ついに4強が出そろった。準決勝のカードは、都立小山台上野学園日大豊山関東一となった。両カードとも、第1シード対シードどころか、秋、春の都大会に出場すらしていないチームの対戦になった。ただ、いずれのチームにも好投手がおり、熱戦が期待できる。

上野学園・赤坂と都立小山台の上位打線との対決



安居院勇源(都立小山台)

 昨夏の準優勝、春季都大会のベスト4と、安定した戦いぶりが目立つ都立小山台であるが、今大会の5回戦では安田学園に3点をリードされる。それでも9回に安打を集め、一挙4点を入れて逆転勝ちする底力もみせた。

 崖っぷちから這い上がって来たことで、いい意味での開き直りや、思い切りの良さが出てきた。

 エースの安居院勇源は飛び抜けた球威があるわけではないが、ここ一番で投げる球にはキレがある。1番・池本 仁志、2番・佐藤晃は足があり、4番・吉田大晟で還すパターン。下位打線も、得点に絡む力がある。

 上野学園の躍進を支えたのは、何と言ってもエースの赤坂 諒だ。18、19、20日の3日間連投し、中1日で迎えた準々決勝では9回に最速149キロを記録した。スライダーのキレもいい。

 昨夏は負傷で出場できず、故障上がりだった秋、それに春も1次予選で敗れたため、噂はあったものの、その実力はベールに包まれていた。この夏一気に解き放たれ、東東京大会を盛り上げる存在になっている。

 赤坂と昨夏の準優勝を経験した都立小山台の池本、佐藤晃、吉田といった上位打線の対決が、勝敗を左右しそうだ。

 打順は9番でも、上野学園は打つ方でも赤坂が軸になる。赤坂から1番の成川玲央にどうつなげるか。

 赤坂はもちろん、都立小山台の安居院も、短い登板間隔の中でどう力を発揮するか。投手のコンディションも勝敗に影響しそうだ。

【次のページ】  関東一の谷・土屋、日大豊山の瀬崎の投手戦か?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一vs城北【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs上野学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs帝京【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1260回 4年ぶりの本指名となるのか?伊藤優輔(都立小山台出身)恩師の教えを胸にNPBの舞台へ駆け上がる!vol.3 【2020年インタビュー】
第1259回 リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2 【2020年インタビュー】
関東一vs駒大高【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1258回 最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第264回 ノーヒットノーラン達成した市川祐(関東一)が同世代の投手より頭1つ抜けたコントロールと投球術を分析!【ドラフト特集コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第131回 関東一野球の象徴だった渡邉貴斗主将 将来は体育教員を目指す【高校野球コラム】
第1029回 昨夏甲子園ベスト8から1年。どんな時でも「関東一野球」は生き続けている【野球部訪問】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
赤坂 諒(上野学園) 【選手名鑑】
瀬崎 絢(日大豊山) 【選手名鑑】
上野学園 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
日大豊山 【高校別データ】
日出(派遣:日大豊山) 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム