第935回 【長野大会総括】30年ぶり公立校決勝で飯山が初優勝!シード校が早々と散る波乱含みの大会に2019年07月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]決勝は実に30年ぶりの公立対決
[2]シード校が早々と散る波乱含みの大会に

 初優勝や、30年ぶりの公立校同士の決勝戦、優勝候補の私立が決勝目前で敗退など、近年私立優勢だった長野で波乱が多かった今大会。白熱した試合も多く、注目すべき点が多かった今大会を総括する。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 長野大会

決勝は実に30年ぶりの公立対決



左腕・岡田恵太(飯山) ※春季大会で撮影

 春の県チャンピオン・東海大諏訪(第1シード)と昨秋の県王者・上田西(第3シード)の2強が優勝争いの軸と目されていた長野大会。しかし決勝の舞台に両校の姿はなく、初の決勝進出で初優勝を懸けた飯山伊那弥生ケ丘のカードとなった。

 30年ぶりとなった公立校同士の決勝戦は、ノーシードの飯山伊那弥生ケ丘(Bシード)に延長10回、5対4でサヨナラ勝ちし、春夏通じて初めての甲子園出場を決めた。

 前半は飯山、後半は伊那弥生ケ丘がペースを握る互角の展開。球場には近年にはない約8000人もの観衆が詰めかけ、高い注目を集めた。異様な盛り上がりの中、最後は飯山のリリーフ常田 唯斗が自ら中前にサヨナラ打を放ち、新たな歴史を刻んだ。

 飯山は、3回戦で第2シード東京都市大塩尻に4対2、準決勝では第3シードで優勝候補の上田西に3対0と、展開的には完勝の形で有力私立をも退けてきた。

 ノーシードではあったが、その実力は注目されていた。昨秋の県大会はベスト8。センバツ21世紀枠の長野県推薦校にも選ばれた(結果的にセンバツには選考されず)。
 高く評価されたのは、左の岡田 恵太と140キロ右腕・常田の二枚看板がいたからだ。

 夏の大会では彼らに加えて、右の田原 大聖も2試合に登板しきっちり仕事をした。安定感のある3人の投手陣がそれぞれに負担を軽減し、試合をつくれたのが大きかった。

 加えて冬場に強化してきた打撃が機能した。春の大会ではその打撃が空回りする形で、地区予選初戦敗退の悔しさを味わっていた。

 ただ、やってきたバットを強く振る姿勢は変えず、低い打球へと意識を修正してきたことが、好投手にも振り負けない結果につながった。本塁打こそ出なかったが安打数の3割が、強い打球で左中間、右中間を破るような二、三塁打の長打になった。

 春まではクリーンアップを任されていた大川 陸主将が1番に入り、強打で相手投手にプレッシャーを掛けていくのが攻撃のパターンになった。打線は下位までつないでいける打者が並び、大きな穴ができなかった。

 安定した投手力と、好投手にも振り負け打線とで、これまで壁になってきた強豪私立にも力勝負を挑めて、その戦いを制するだけの力を付けていた。

 準優勝の伊那弥生ケ丘も粘り強い戦いで、初の4強入りから決勝戦まで駆け上がった。エース藤本優太郎から右サイドの富永悠斗への継投が必勝パターンとなり、終盤に流れを呼び込んだ。決して破壊力のある打線ではなかったが、下位まで勝負どころでの強さを発揮した。

特に準決勝では、同地区で何度も苦杯を飲まされてきた第1シード東海大諏訪の猛追をしのぎ、4対3で逃げ切った。今大会の伊那弥生ケ丘の躍進を象徴する一戦となった。

 決勝戦では延長の末に敗れたが、6回に3点差を追いつくなど、粘り強さは最後まで健在だった。両投手の球速は120キロ台と今のご時勢、むしろ遅いぐらいだ。野手も突出した能力を持つ選手はいない。しかし冬場から実戦を想定した練習を積み重ね、劣勢になっても崩れない戦いができるようになったのが躍進の要因と言えそうだ。 

【次のページ】 シード校が早々と散る波乱含みの大会に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第270回 今秋の三振率は0.047!三振をしない右の強打者・牧 秀悟(松本第一-中大)は大学生即戦力ナンバーワン野手だ【ドラフト特集コラム】
関根学園vs佐久長聖【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
東京都市大塩尻vs加茂暁星【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
佐久長聖vs飯山【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
第273回 仙台育英戦の大敗から1年。146キロ右腕・常田唯斗(飯山)はどんな進化を見せたのか?徹底分析!【ドラフト特集コラム】
飯山vs上田西【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
佐久長聖vs東京都市大塩尻【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
第1227回 甲子園で衝撃を与えた最速146キロ右腕・常田唯斗(飯山)が磨いてきた全国で戦うためのピッチング 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
大川 陸(飯山) 【選手名鑑】
岡田 恵太(飯山) 【選手名鑑】
清水 絢斗(東海大諏訪) 【選手名鑑】
田原 大聖(飯山) 【選手名鑑】
常田 唯斗(飯山) 【選手名鑑】
横田夏己(東海大諏訪) 【選手名鑑】
飯山 【高校別データ】
伊那弥生ケ丘 【高校別データ】
上田西 【高校別データ】
駒ヶ根工 【高校別データ】
小諸商 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
更級農 【高校別データ】
善通寺一・飯山 【高校別データ】
東海大諏訪 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
松本国際 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム