第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】2019年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園通算103勝の名門・龍谷大平安が3季連続の甲子園出場を決めるか?
[2]東山対京都すばるという好カードが1回戦で実現

 7月6日から開幕する第101回京都大会の組み合わせ抽選会が22日に行われた。京都国際乙訓龍谷大平安など春季大会で8強入りしたチームがシードされているが、福知山成美京都翔英京都外大西などノーシードのチームにも有力校が揃っている。今回は混戦が予想される京都大会をゾーンごとに展望していきたい。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 京都大会

甲子園通算103勝の名門・龍谷大平安が3季連続の甲子園出場を決めるか?



制球力抜群・野澤秀伍

 Aゾーンはセンバツ8強の龍谷大平安がシードされている。制球力の高いエースの野澤 秀伍(3年)にカーブが武器の豊田 祐輔(3年)、潜在能力の高さを徐々に発している橋本 幸樹(3年)と投手陣は充実。打線も三尾 健太郎(3年)、水谷 祥平(3年)、奥村 真大(2年)と中軸に勝負強い打者が並んでいる。甲子園通算103勝の名門が、3季連続の甲子園出場を決めることができるだろうか。

 龍谷大平安と初戦で対戦するのは花園。春にも同じカードが組まれたが、この時は7対0の7回コールドで龍谷大平安が勝利している。だが、花園も一昨年に立命館宇治、昨年に京都外大西と強豪校に勝利した実績がある。今年も大物食いとなるだろうか。元横浜ベイスターズの投手で昨年に乙訓の部長として甲子園を経験した染田賢作監督がこの春から率いている西城陽にも注目だ。

 Bゾーンのシード校は春8強の北嵯峨。攻撃力が高く、一度火がつけば手が付けられないチームだ。エースの市田一成(3年)の出来がチームの命運を握る。昨夏8強の塔南はエース左腕の北﨑響生(3年)が注目の好投手。キレのある変化球と制球力の高さは府内でもトップクラスだ。春は野手に故障者が数人出たが、主力が万全なら上位を賑わせるだろう。その塔南と初戦で対戦する京都精華学園は今年から野球部が創部され、この夏が初めての公式戦となる。1年生だけのチームがどこまで食い下がれるか。

 Cゾーンはセンバツ出場校の福知山成美に春準優勝の乙訓、3年ぶりの甲子園を目指す京都翔英が名を連ねる激戦ゾーンとなった。福知山成美はエースの小橋 翔大(3年)が大黒柱としてチームを引っ張る。野手にも東原 成悟(3年)や原 陽太(3年)ら能力の高い選手が多く、2季連続の甲子園出場を目指す。



最速143キロ右腕・林翔大(乙訓)

 乙訓は秋から春にかけて大きく成長したチーム。投手は最速143キロの林 翔大(2年)が軸となる。打線は中軸を打つ嘉門 凌大(3年)や中村志遠(3年)を中心に勝負強い。昨春の甲子園を経験した選手はいないが、夏初出場に向けて戦力を整えてきた。

 投手力でこの2チームを凌駕するのが京都翔英だ。エースの遠藤 慎也(3年)は力のある最速145キロのストレートを投げ込み、府内最高の投手との呼び声も高い。昨夏にエースナンバーを背負った今井 大志(3年)はツーシームを武器にインコースを強気に攻める投球が持ち味。岩井俊介(3年)は遠藤にも劣らないスピードボールを投げる本格派で夏の秘密兵器になるかもしれない。山本 祐大(DeNA)の弟である山本 仁(3年)ら打撃陣が援護できれば十分に頂点を狙えるはずだ。

【次のページ】 東山対京都すばるという好カードが1回戦で実現

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第155回 履正社を破った山田や近畿4強・京都国際など近畿の3大ニュースを発表!【高校野球コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第1049回 11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】【野球部訪問】
第1048回 再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
天理vs乙訓【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都国際vs和歌山東【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】 【2020年インタビュー】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 守備は甲斐拓也。打撃は鈴木誠也。京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像【後編】 【2020年インタビュー】
生駒 拓也(京都国際) 【選手名鑑】
今井 大志(京都翔英) 【選手名鑑】
上羽 哲平(京都外大西) 【選手名鑑】
遠藤 慎也(京都翔英) 【選手名鑑】
奥村 真大(龍谷大平安) 【選手名鑑】
嘉門 凌大(乙訓) 【選手名鑑】
小橋 翔大(福知山成美) 【選手名鑑】
酒井 海央(京都国際) 【選手名鑑】
釣 寿生(京都国際) 【選手名鑑】
豊田 祐輔(龍谷大平安) 【選手名鑑】
野澤 秀伍(龍谷大平安) 【選手名鑑】
橋本 幸樹(川之江) 【選手名鑑】
橋本 幸樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
早 真之介(京都国際) 【選手名鑑】
林 翔大(乙訓) 【選手名鑑】
原 陽太(福知山成美) 【選手名鑑】
東原 成悟(福知山成美) 【選手名鑑】
藤川 紘斗(京都すばる) 【選手名鑑】
三尾 健太郎(龍谷大平安) 【選手名鑑】
水谷 祥平(龍谷大平安) 【選手名鑑】
山下 航汰(京都外大西) 【選手名鑑】
山下 航汰(健大高崎) 【選手名鑑】
山本 祐大(京都翔英) 【選手名鑑】
山本 仁(京都翔英) 【選手名鑑】
あけぼの学園・鳥羽・志摩 【高校別データ】
乙訓 【高校別データ】
北嵯峨 【高校別データ】
京都外大西 【高校別データ】
京都共栄 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
京都すばる 【高校別データ】
京都精華学園 【高校別データ】
京都成章 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
西城陽 【高校別データ】
西舞鶴 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
福知山 【高校別データ】
福知山商 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
峰山 【高校別データ】
立命館 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム