目次

[1]二松学舎大附、いきなり修徳と対戦か?
[2] 都立雪谷、8強への険しい道のり

 7月7日に開幕する第101回全国高等学校野球選手権東東京大会の組み合わせが決定した。

 通常トーナメント表の四隅にシードされているチームが優勝候補となっている。春季都大会4強の関東一都立小山台、8強の帝京が四隅に散らばることが決まっていたが、残る1枠には二松学舎大附が入った。それでは早速展望を見ていく。

【西東京大会展望】東海大菅生や日大三、国士舘など強豪がひしめく西東京を制すのは?

組み合わせ日程はこちら
2019年 第101回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会

二松学舎大附、いきなり修徳と対戦か?


 右田 稜真野村 昇大郎など昨夏のメンバーが多く残り、3年連続優勝を目指す二松学舎大附は、もともと優勝候補であった。土屋 大和谷 幸之助の2本柱の投手陣を中心に攻守にまとまる関東一池本 仁志、佐藤晃、吉田大晟ら昨夏の準優勝メンバーを中心に粘り強い野球をする都立小山台、平成元年(1989年)に全国制覇をした帝京が4強を成している。

 この4強が四隅に散らばったわけであるが、実力伯仲、混戦模様の東東京大会だけに、序盤から好カードが多く、先が読めない展開になっている。

 四隅にシードされた二松学舎大附だが、初戦、いきなり修徳との対戦になりそうだ。6年前に決勝戦で二松学舎大附を破り優勝した修徳は、最近4年間は、準々決勝で惜敗している。今年から部長だった荒井高志氏が監督に就任。結城貞斗投手を中心にまとまっている。二松学舎大附にとっては、いきなり大きなヤマ場となる。

 その対決の勝者が4回戦で対戦するブロックには、都立文京錦城学園がいる。都立文京には大型右腕の仲亀 烈太、中堅手との二刀流の青木謙太を擁し、秋季都大会はベスト16であった。昨夏はシード校であった錦城学園は、園田 小哲、千明駿平ら主軸が残っている。この両校の対戦も、3回戦注目のカードになりそうで、その勝者が対戦する4回戦も当然注目のカードになる。

 この勝者が5回戦で対戦するブロックには、大型右腕の佐々木大陽を擁する大森学園などがいる。

 二松学舎大附のブロックの勝者が準々決勝で対戦するブロックには、初シードの都立小松川がいる。このブロックには好投手の赤坂 諒を擁する上野学園、33年前の優勝校である正則学園などがいる。

シード校のないブロックに強豪が集まる



好投手・黒岩真人(都立板橋)

 実質的にトップシードを意味するトーナメント表の1番には、都立小山台が入った。都立小山台の初戦の相手は、東京成徳大高東海大高輪台が予想される。中でも東海大高輪台は、秋、春と結果を残していないが、捕手の木下 優成など、2年前の準優勝のメンバーが残っており、侮れない。

 さらに5回戦で対戦するブロックには昨夏8強の安田学園、4年前の4強で、打棒がよみがえりつつある都立篠崎などがいる。

 都立小山台のブロックの勝者が準々決勝で対戦するブロックには、シード校はいない。しかし、このブロックには岩倉都立城東日体大荏原と秋の8強の3校をはじめ、強豪校が集まり、激戦区になっている。

 まず注目は岩倉だ。春は出場辞退でノーシードだが、右の宮里 優吾、左の坂本 一樹という好投手がおり、捕手・荻野 魁也は強肩強打で、優勝候補といっていい戦力を有する。

 岩倉が4回戦で対戦するブロックには試合巧者の日体大荏原、好捕手の福田優を中心にまとまっている日本ウェルネスがおり、この両校の対戦も注目である。

 さらに岩倉のブロックの勝者が5回戦で対戦するブロックには、都立の強豪が集まった。好捕手の三好 秀登を中心にまとまる都立城東と、好投手・黒岩 真人を擁する都立板橋の対戦は、初戦屈指の好カードだ。このブロックには、横手投げの好投手・高橋涼を擁する都立高島もいる。

 このブロックからどこが勝ち残るか、優勝争い全体に影響を及ぼしそうだ。