目次

[1]羽黒、鶴岡東、酒田南に要注目!
[2]公立勢も上位に入り健闘!

 7月11日から開幕する第101回山形大会の組み合わせ抽選会は6月27日に行われ組み合わせが決定した。

 昨年の優勝校の羽黒米沢興譲館村山産業の勝者と2回戦で対戦。日大山形山形市立商新庄南の勝者と2回戦で対戦する。秋の大会を制した酒田南新庄東酒田西の勝者と対戦となった。

 羽黒日大山形鶴岡東酒田南山形中央など実力校が多く、実力校が多い山形。そこで今回は昨秋と今春の県大会ベスト8の顔ぶれ、直近5年間の山形大会の優勝校、準優勝校を確認していきたい。

大会日程・組み合わせ
第101回全国高等学校野球選手権山形大会

羽黒、鶴岡東、酒田南に要注目!


 まずはじめに昨秋、今春のベスト8を振り返っていこう。

 昨夏甲子園に出場した羽黒は最速145キロの速球、カーブを武器にする右の本格派・篠田 怜汰投手がチームを牽引。篠田投手は日本高野連開催した、高校日本代表一次候補の研修合宿にも参加するなど全国屈指の好投手である。さらに、春夏合わせて11回の甲子園出場を果たした、東北を代表する強豪校のひとつが酒田南。計11回の甲子園出場のうち、夏の出場が10回と、今年の夏にも期待が高まる。OBのソフトバンクの長谷川勇也外野手、楽天の下妻 貴寛捕手、中日の石垣 雅海内野手の3名がプロ野球界で現役を続けている。

 鶴岡東の打線の破壊力は全国レベル。影山 雄貴(3年)は楽しみな大型左腕で、186センチ80キロと恵まれた体格。直球は常時130キロ中盤。120キロ前半のスライダー、120キロ前後のスクリュー気味落ちていくフォークがよく決まる。腕も長く、ボールにも角度がある。じっくりと球速が伸びていけばもっと注目される存在となるだろう。

【秋】 優勝 酒田南 準優勝 羽黒
ベスト4 山形城北山形中央

ベスト8 九里学園鶴岡東日大山形酒田光陵

【春】優勝 鶴岡東 準優勝 日大山形
ベスト4 山形学院 山形城北
ベスト8 山形市立商酒田南長井山形南