第931回 下関国際の3連覇か?高川学園の3季連続優勝か?宇部鴻城など実力校も上位進出を狙う!【山口大会展望】2019年06月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 6月22日、第101回山口大会(7月13日開幕)の組み合わせが決まった。まずは組み合わせを確認したい。

 注目は夏の大会3連覇がかかる下関国際。シード校のため2回戦の下関工科 宇部西との勝者と対戦することとなった。しかしその後、3回戦では宇部鴻城、準々決勝では2季連続で山口県を制している高川学園と対戦する可能性がある熾烈なブロックになった。

 そして注目カードは岩国商柳井学園のカード。両チームともに昨秋の県大会ではベスト4に入っている実力校。熱戦が期待される対戦となった。

 他にも早鞆聖光といった実力校が揃っている山口大会。そこで今回は注目校の初戦や、併せて過去のデータを紹介していきたい。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 山口大会

実力校がひしめき、混戦模様



3連覇へ挑む下関国際

【秋】
優勝 高川学園 準優勝 聖光
ベスト4 岩国商柳井学園
ベスト8 宇部商慶進下関国際萩商工

【春】
優勝 高川学園 準優勝 早鞆
ベスト4 萩商工聖光
ベスト8 柳井学園、桜ヶ丘、下関国際宇部商

 次に過去5年の山口大会の優勝校、準優勝校を振り返っていこう。

2018年 優勝 下関国際 準優勝 宇部鴻城
2017年 優勝 下関国際 準優勝 宇部鴻城
2016年 優勝 高川学園 準優勝 宇部鴻城
2015年 優勝 下関商 準優勝 下関国際
2014年 優勝 岩国 準優勝 熊毛南

 過去2年間は下関国際が連覇している。下関国際は昨年夏甲子園でベスト8まで進出している。今年のチームは2季連続でベスト8に進出と安定した成績を残してはいるが、ベスト4の壁を破れていない。夏こそベスト4の壁を破り、3年連続の甲子園を決めたいところだろう。

 今年の山口で結果を残しているのは高川学園だ。秋、春と連続で優勝している。下関国際の連覇を阻止し、3年ぶりの甲子園を手に入れたいところだろう。

 秋ベスト8で春ベスト4の萩商工も虎視眈々と甲子園出場を狙う。秋、春に結果こそ出なかったものの、3年連続で準優勝の宇部鴻城もベスト16まで残った2012年以来の夏の甲子園を視野に入れる。

 3季連続で優勝を掴みたい高川学園、今年こそ決勝を勝ち抜きたい宇部鴻城。3年連続で甲子園に出場したい下関国際。果たしてどこの高校が甲子園行きの切符を手に入れるだろうか。山口から目が離せない。

文=編集部

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第51回 萩商工(山口)「春のベスト4進出の勢いに乗り、チーム一丸で頂点を目指す夏!」【僕らの熱い夏2019】
第50回 岩国商業(山口)強豪を破り中国大会出場を決めたチームが見せる「本気の声掛け!」【冬が僕らを強くする2019】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
岩国 【高校別データ】
岩国工 【高校別データ】
岩国商 【高校別データ】
宇部鴻城 【高校別データ】
宇部商 【高校別データ】
熊毛南 【高校別データ】
慶進 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
下関商 【高校別データ】
聖光 【高校別データ】
高川学園 【高校別データ】
萩商工 【高校別データ】
早鞆 【高校別データ】
柳井学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム