第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】2019年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]本命か、それとも伏兵か?鹿児島の夏は波乱の予感
[2]4ブロックそれぞれの注目ポイント!

<第101回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会 大会日程>
<トーナメント表>

本命か、それとも伏兵か?鹿児島の夏は波乱の予感



今春の県大会を制した神村学園

 第101回全国高校野球選手権記念鹿児島大会の組合せが決まった。
 3つの連合チームを含む78校70チームが7月7日から23日(雨天順延)まで、鹿児島市の平和リース、鴨池市民球場で熱戦を繰り広げ、101回目の夏の甲子園を目指す。今大会から投手の連投など球児の負担を軽減するために、準決勝前日に加えて決勝前日にも休養日が設けられた。これまで抽選会参加校による投票だったシード校も、昨秋、今春、NHK旗の3県大会の成績に基づくポイント制になった。

 シード校は第1シードから順番に神村学園鹿児島城西尚志館鹿児島情報鹿児島実枕崎鹿屋中央鹿児島商となった。投票制でも顔ぶれ、順番はおおむねこうなったであろうと思われるが、NHK旗で鹿児島実に勝って4強入りした樟南や昨秋、今春8強入りした武岡台などはポイントが足りずにシードから漏れた。樟南は鹿児島を代表する甲子園常連校であり、投票制なら下位シードに食い込んでいたかもしれない。

 投票者の主観が入り込む余地がなくなり、シード予想やサプライズで挙がってくることはなくなった。一方でなぜこのチームがシードで、その順番なのか客観的に示す根拠ができたのは歓迎すべきことだろう。シードに入ろうが入るまいが、夏の甲子園に行けるのは1校のみ。相手がどこになろうと一喜一憂せず、負けない野球、勝てる野球を積み重ね、一番強いチームになる努力を怠らなかったチームが勝ち取る。

 昨秋、今春と鹿児島大会を制し、県内負けなしを続けていた第1シード・神村学園が頭一つ抜けていた印象があったが、NHK旗準々決勝で鹿児島城西にサヨナラ負け。鹿児島城西は余勢を駆って大会を制した。有力な対抗馬としての実力をつけてきたことを印象づけた。

 3つの県大会の戦績をみればこの2校が抜けている印象はあるが、夏は例年、大会を通じて急成長し「台風の目」となるチームが必ず出てくる。特に今年は例年に比べて計算のできる投手が全体的に少なく、戦前の予想が覆る可能性は大いにある。

 大隅の雄・尚志館鹿屋中央、連覇を目指す鹿児島実、2年生主体の鹿児島情報、公立校の意地をみせたい枕崎鹿児島商、ノーシードから巻き返しを図る樟南武岡台鹿児島玉龍…台風の目になる可能性を秘めたチームはシードの有無に関係なく散見する。

 「本命」がそのまま勝ち抜くか、「台風の目」がサプライズを起こすか、組み合わせを4つのパートに分けて展望を考えてみた。

【次のページ】 4ブロックそれぞれの注目ポイント!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島城西vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs樟南【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 万里一空~すべての高校球児に贈るメッセージ【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
都立大島海洋国際(派遣:都立狛江) 【高校別データ】
都立大島(派遣:都立東大和) 【高校別データ】
開陽・修学館・加世田常潤 【高校別データ】
開陽・高等支援・加世田常潤・串木野 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島中央 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加治木工 【高校別データ】
加常潤 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
加世田常潤・市来農芸・串木野・開陽・鹿高等支援 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
鹿屋 【高校別データ】
鹿屋工 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
鹿屋農 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
薩南工 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
川内商工 【高校別データ】
曽於 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
種子島 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】
枕崎 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム