7月12日から開幕する第101回栃木大会の組み合わせ抽選会は6月26日に行われた。注目は9連覇を目指す栃木の名門・作新学院。シード校として右上に入り、2回戦からの登場だが、その相手は白鷗大足利黒羽の勝者という厳しいスタートとなりそう。

 その山を乗り越えると準々決勝で2季連続優勝中の佐野日大と激突することが予想される。9連覇への道は一筋縄ではいかないようだ。

 一方のトーナメント左側には、今春の県大会で準優勝の栃木工足利宇都宮工の勝者、文星芸大附宇都宮清陵小山北桜の勝者と2回戦を戦うこととなった

 そこで今回は注目校や、併せて過去のデータを紹介していきたい。

■大会日程はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 栃木大会

チーム力で秋春2季優勝を果たした佐野日大


 まずはじめに昨秋、今春のベスト8を振り返っていこう。

 優勝候補筆頭はやはり、秋春と2季連続優勝を果たしている佐野日大であろう。佐野日大は昨秋のエースだった松倉 亮太がケガで不在の中、松倉の穴を埋めたのが松本 翔大。チーム全体も昨秋よりも底上げを果たし、圧巻の成績で春の優勝を決めた。

【秋】 優勝 佐野日大 準優勝 作新学院
ベスト4 宇都宮工文星芸大附

ベスト8 足利大附宇都宮南白鷗大足利今市工

【春】優勝 佐野日大 準優勝 栃木工
ベスト4 文星芸大附 國學院栃木
ベスト8 作新学院青藍泰斗今市工矢板中央

夏8連覇中の作新学院に追いかける國學院栃木、文星芸大附、佐野日大



作新学院エース・林勇成

■春の大会を振り返る

2019年 第72回 春季栃木県高等学校野球大会

 次に過去5年の栃木大会の優勝校、準優勝校を振り返っていこう。

2018年 優勝 作新学院 準優勝 白鷗大足利
2017年 優勝 作新学院 準優勝 國學院栃木
2016年 優勝 作新学院 準優勝 國學院栃木
2015年 優勝 作新学院 準優勝 國學院栃木
2014年 優勝 作新学院 準優勝 佐野日大

 この8年間、栃木県の夏の選手権大会は作新学院が連続で優勝し続けている。佐野日大作新学院の9連覇を阻止することが出来るのか。また、甲子園出場経験もあるで文星芸大附國學院栃木白鷗大足利がどこまで2強を追い込むのか非常に楽しみなところである。

文=編集部