第923回 県内随一の戦力誇る沖縄水産が登場!潜在能力が高い沖縄工にも注目【大会展望・後編】2019年06月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]Cブロックは沖縄水産が盤石の体制!コザと沖縄尚学は1回戦で激突
[2]Dブロックの注目は沖縄工のエース儀間朝陽、知念や普天間の奮起にも期待

 200回大会へ向けての第1歩目となる101回沖縄大会の抽選会が、11日に行われた。春の優勝の興南が第1シード。以下沖縄水産が第2シード。今年はこの2強の争いになると言われているが、様々なドラマが生じる最後の夏だけは蓋を閉じるまで分からない。
 後編の今回は、CブロックとDブロックの展望を見ていこう。

◆盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

Cブロックは沖縄水産が盤石の体制!コザと沖縄尚学は1回戦で激突



春はあまり出場機会はなかったが上原一帆は沖縄水産の秋優勝の立役者だ

 秋優勝、春準優勝の沖縄水産が一枚も二枚も抜け出している。秋の立役者である國吉 吹上原 一帆が殆ど出場しなかった春。この飛車角抜きでも、準決勝までは横綱相撲で相手を圧倒した。

 春の大会準決勝までチーム打率約4割の沖縄水産上原 大那平安 常人川端 琉一朗の上位三人はミート力、長打力、小技に足と全てにおいて秀でる。春、20打数11安打の真栄城 徳二郎、その真栄城と同じチーム1の打点9を叩き出した三木 健正とチーム1、2の長打力を誇るクリーンアップに加え、成長著しい比嘉昭寿、寄友力斗が脇を支える。捕手としてもチームを牽引する金良 涼介など、どこからでも点が取れる打線は県内随一だ。相手投手は1回から9回まで、緊張感が続くことだろう。
 投手陣では左腕古波藏 悠悟を中心に動きそう。ここに試合から遠ざかる国吉をどう登板させていくのか。名将上原忠監督の手腕の見せ所となる。

 その沖縄水産と春、準々決勝で対戦した小禄が2回戦で再戦しそう。春のベスト8・コザと名門・沖縄尚学の対戦は夏の一回戦最高のカード。秋のベスト8・南風原を含めた勝者が、沖縄水産小禄の勝者と3回戦で対戦するだろう。

 新人大会優勝の浦添工伊藤 光と、4番・比嘉真人率いる美来工科打線の対決はみもの。その他、具志川与勝のカード、さらに離島勢の対戦となった八重山と八重山農も見逃せない。ここに豊見城を加えた12校がしのぎを削る。

【次のページ】 Bブロックは北山が頭一つリード!追いかけるのは嘉手納に中部商

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
コザvs宮古【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
知念vs沖縄工【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
明石商 【高校別データ】
浦添工 【高校別データ】
沖縄カトリック 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
北谷 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
西原 【高校別データ】
南風原 【高校別データ】
普天間 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古工・宮古総合実 【高校別データ】
宮古商 【高校別データ】
宮古総合実 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
与勝 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム