第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】2019年06月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]横浜、東海大相模 夏へ向けての課題
[2]湘南学院ブロックは星槎国際湘南、相模原、日大高と実力校がひしめく

 夏の神奈川大会展望。続いて後編である。今年は春優勝した東海大相模、準優勝した桐光学園に敗れた横浜は4位扱いになり、例年、ヤグラでいうと2位vs3位、1位vs4位が配置となり、東海大相模横浜は順調に進めば、準決勝で対戦する可能性がある。ただそう簡単に勝ち抜けないのが、今年の神奈川なのだ。

 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】

横浜、東海大相模 夏へ向けての課題



帰ってきた井上 恵輔(東海大相模)

 今年の東海大相模は圧倒的な打撃力、機動力を駆使して、早々と大量点を取るチーム。投手陣は130キロ台を超える左腕・野口 裕斗、138キロサイド・紫藤 大輝、130キロ前半の速球と切れのあるスライダーを投げる冨重 英二郎、夏でもベンチ入りを狙う1年生左腕・石田 隼都は最速138キロを誇り、夏では140キロ超えに期待がかかる。

 打線では強打の捕手・井上 恵輔、二刀流・遠藤 成山村 崇嘉西川 僚祐の2年生スラッガーと破壊力は全国トップクラス。ベンチ入り争いは激しく、春活躍した選手がそのまま出るのか、それとも新たな選手が浮上するのか。最強の20人を形成し、夏に臨むことを期待したい。

 同ブロックで対抗馬となりそうなのが慶應義塾だろう。慶應義塾の攻撃力は県内屈指で、横浜のエース・及川 雅貴も恐れるほど。

 打線の中心はスラッガー・廣瀬 隆太、2年生スラッガー・本間颯太朗。夏にかけてどこまで打線を仕上げるか。投手陣では秋に活躍した右の好投手・田口 義将 慶應義塾)が鍵となる。ただ東海大相模と同じく、強打で圧倒し、試合を優位に持っていく展開が理想となるのではないだろうか。例年、夏に仕上げる慶應義塾だけに怖い存在となるのは間違いない。

 藤沢翔陵足柄と百合ヶ丘の勝者と対戦。藤沢翔陵は昨秋はベスト32、今春はベスト16と1つずつ力をつけてきたチームだ。

 また別ブロックの相洋は、県立川崎藤沢総合の勝者と対戦。1番・北川大和を中心とした打線は強力だ。また同ブロックにはノーシードから浮上する武相にも注目だ。

 公立の強豪・戸塚はいきなり瀬谷橋本の勝者と対戦。実力公立校同士の対決は盛り上がりそうだ。



調子を戻しつつある及川雅貴(横浜)

 横浜寒川と横浜旭陵・相模向陽館の勝者と対戦する。横浜関東一との親善試合で連勝。さらに香川県の招待試合でも4戦全勝と日増しに状態が上がっている。

 平田監督は香川県の招待試合で、「まずは自分たちのチームの完成度を高めていくことが一番大事で、しっかりと準備をしていく」と、1年生を起用しながら、全体の底上げを果たした。

 絶対的なエース・及川 雅貴は香川県の招待試合で最速147キロをマークし、球速表示だけではなく、スピンがかかった速球を投げ込んでおり、順調に仕上がっている様子。また2年生左腕の松本 隆之介も最速147キロをマーク。

 さらに、140キロ前半の速球と120キロ後半のスプリットを投げ込む木下 幹也、1年生ながら最速140キロを計測した1年生左腕・金井 慎之介、リリーフで支える黒須 大誠とやはり投手陣の力量は神奈川ナンバーワンどころか、全国でもトップクラス。香川の招待試合では失点の多さが気になるが、それも、夏へ向けて良い薬となっただろう。

 気になるのは、日程が過密だということ。中1日、中2日、連戦と、短い間隔で回っており、投手陣の運用がポイントとなるだろう。投手陣の負担を減らすためには打線の奮起が重要となる。

 打線も内海 貴斗度会 隆輝を中心に仕上がってきた。春の大会よりも打席の内容は格段に良くなっており、夏でも期待が持てる打線となってきた。横浜としてはあまり疲労度を残さず、勝ち進み、試合のグレードが高くなる準々決勝、準決勝、決勝と迎えたいところだろう。

 ただ同ブロックは法政二、実力校・平塚学園、大型右腕・渡邉 倫太朗擁する三浦学苑と実力校が揃っている。

【次のページ】 湘南学院ブロックは星槎国際湘南、相模原、日大高と実力校がひしめく

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第278回 佐藤輝明(近大)、牧 秀悟(中大)など甲子園未出場の大学生野手たち【ドラフト特集コラム】
第1261回 大学生トップクラスの守備職人・瀬戸西純(慶応大)の高い守備をもたらしたのは「壁当て」 【2020年インタビュー】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
関東一vs駒大高【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
関東一vs都立新宿【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
一柳 大地(星槎国際湘南) 【選手名鑑】
内海 貴斗(横浜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
金井 慎之介(横浜) 【選手名鑑】
木下 幹也(横浜) 【選手名鑑】
黒須 大誠(横浜) 【選手名鑑】
紫藤 大輝(東海大相模) 【選手名鑑】
篠崎 悠人(横浜商) 【選手名鑑】
田口 義将 (慶應義塾) 【選手名鑑】
野口 裕斗(東海大相模) 【選手名鑑】
廣瀬 隆太(慶應義塾) 【選手名鑑】
福島 勇世(湘南学院) 【選手名鑑】
松本 隆之介(横浜) 【選手名鑑】
三浦 舞秋(星槎国際湘南) 【選手名鑑】
度会 隆輝(横浜) 【選手名鑑】
足柄 【高校別データ】
伊勢原 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
県立川崎 【高校別データ】
霧が丘 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
寒川 【高校別データ】
瀬谷 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
湘南学院 【高校別データ】
星槎国際湘南 【高校別データ】
相洋 【高校別データ】
戸塚 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】
藤沢清流 【高校別データ】
藤沢総合 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
藤沢翔陵 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
南 【高校別データ】
三浦学苑 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
大和西 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
コメント (1)
群雄割拠2019.06.11 神奈川のファン
尽誠学園が大差で負けて、横浜の戦闘意欲復活してしまったのが痛い。いまの横浜の強さなら神奈川で圧勝するだろう。仕上がりが良くなったら太刀打ちできない。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム