第916回 今年の近畿大会準決勝はハイレベル!2試合の見所を徹底紹介!2019年05月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]第1試合 智辯学園(奈良)vs近江(滋賀)
[2]第2試合 郡山(奈良)vs神戸国際大附(兵庫)

 5月25日から開幕した春季近畿地区高等学校野球大会は6月1日に準決勝、6月2日に決勝戦を迎える。今回は準決勝のみどころを紹介したい。

第1試合 智辯学園(奈良)vs近江(滋賀)



左から山本奨人(智辯学園)、林優樹(近江)

 智辯学園智辯和歌山の146キロ右腕・池田 陽佑、147キロ右腕・小林 樹斗と速球派右腕2枚を攻略して勝ち上がったのは勢いづける勝ち方となった。小阪監督がキーマンとして挙げたのは1番・塚本 大夢とエース・山本 奨人の2人だ。塚本は4打数2安打を放ったが、小阪監督は内容面で満足していない。山本については「ボール先行になることが多いので打線にリズムが生まれない」と手厳しかった。山本は本来のピッチングを見せ、チームに勢いをもたらすことができるか。

 「今年は継投でつなぐチーム」と小坂監督が語るように、また好投を見せた1年生左腕・西村 王雅、1年生右腕・小畠 一心の登板の可能性もありそうだ。
 対する近江はエース・林優樹のピッチングに期待がかかる。テンポが速く、キレの良い130キロ前半の速球、落差が大きい120キロ台のチェンジアップのコンビネーションが決まった時は、速球投手を攻略してきた智辯学園打線でも苦しみそうだ。打線は3番・土田 龍空、4番・住谷 湧也、5番・有馬 諒のクリーンナップを中心に着実に点を積み重ねていきたい。

 智辯学園の破壊力抜群の打線は近江投手陣を呑み込むのか。それとも近江のしたたかな野球が勝るのか、注目していきたい。

【次のページ】 第2試合 郡山(奈良)vs神戸国際大附(兵庫)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1024回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
近江兄弟社vs長浜北星【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
近江vs膳所【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第1010回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第1009回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
近江vs智辯学園【2019年春の大会 近畿大会】
神戸国際大附vs郡山【2019年春の大会 近畿大会】
神戸国際大附vs京都国際【2019年春の大会 近畿大会】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
近江 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム