第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)2019年05月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]総合力の前橋育英と攻撃力の高い山梨学院
[2]ハイスペックな選手が揃う東海大菅生

ハイスペックな選手が揃う東海大菅生



小山 翔暉(東海大菅生)

上尾市民球場2試合目
東海大菅生(東京1位)vs駿台甲府(山梨2位)

 東京大会では日大三二松学舎大附関東一国士舘と強豪を撃破して、優勝した東海大菅生は守備、打撃、投球、走塁とすべてのレベルが突き抜けている。

 東京代表に選ばれた全国トップレベルの強肩捕手・小山 翔暉、ショートストップ・成瀬 脩人、全国レベルの技巧派左腕・中村 晃太朗のパフォーマンスに注目。日大三戦で2本塁打7打点の活躍を見せ、高校2年生ではトップクラスのスラッガー・杉崎 成、確実性の高い打撃とキレの良い二塁守備を兼ね備え、決勝戦ではサヨナラ打を放ち、指導者、チームメイトからの信頼も高い石田 隆成、守備範囲の広さ、抜群の強肩、バットコントロールの良い打撃が光るセンター・今江 康介とタレント揃い。

 東京大会でも魅せたパフォーマンスを関東大会でも発揮したい。

 投手では最速147キロまで伸びた藤井 翔は、120キロ後半の縦スライダーの切れ味も抜群。リリーフ登板が多く、登板すれば、ぜひ藤井の速球、縦スライダーに注目していただきたい。

 駿台甲府は優勝候補として期待された東海大甲府を破り、関東大会まで勝ち進んだ。主将の杉田 大貴は高校通算29本塁打を放っているスラッガー。山梨県大会で見せた粘り強い打撃をこの試合でも発揮したい。

【注目選手】
小山 翔暉東海大菅生
成瀬 脩人東海大菅生
中村 晃太朗東海大菅生
杉崎 成東海大菅生
石田 隆成東海大菅生
今江 康介東海大菅生
藤井 翔東海大菅生
杉田 大貴駿台甲府

 以上である。19校が出場する今大会は逸材が多く、どの会場にも行きたいと思ったはず。ぜひ関東大会で飛躍を誓う選手たちのパフォーマンスに注目していただきたい。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
浦和実 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
駿台甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム