目次

[1]健大高崎(群馬2位)vs専大松戸(千葉2位)/桐光学園(神奈川2位)vs東農大三(埼玉4位)
[2]佐野日大(栃木1位)vs国士舘(東京2位)/山村学園(埼玉3位)vs水戸商(茨城2位)

 5月18日から開幕する第71回春季関東地区高等学校野球大会(以下、春季関東大会)まず初回は第1日で最も目玉な東海大相模vs木更津総合の一戦の見所をお伝えしたが、残りの第1日の見所を紹介したい。

埼玉県営大宮球場 第2試合 健大高崎(群馬2位)vs専大松戸(千葉2位) 


 強打の健大高崎と総合力の高い専大松戸の一戦。健大高崎は巧打堅守の二塁手・田口 夢人、パワーヒッター型の伊藤 雄紀、大型遊撃手・井上 壱悟、高校生ではトップクラスの強肩外野手・御園 英貴と能力が高い野手が多い。

 また投手ではひざ元にグッとくるストレートが魅力。130キロ中盤ながら威力のある速球を投げ込む吉井 直孝も面白いだろう。

 一方、専大松戸のエース・横山 陸人は右サイドから常時140キロ前後の快速球は回転数が抜群で、県大会では対応力が高い中央学院打線から12奪三振を記録。120キロ中盤のスライダーの切れもあり、なんといっても一気にチームをのせるマウンド捌きが魅力。

 県大会ではスカウトの評価を大きく高めたが、関東大会でも評価を上げることができるか。また140キロ台の速球を投げ込む杉田 智也、135キロ近い速球を投げ込む2年生左腕・西村 卓真にも注目。

 打線では習志野戦で本塁打を放った丹呉 響平、スローイングタイム1.9秒台を誇る捕手・間中 堅も県大会で見せた勝負追さを発揮できるか。

【注目選手】
田口 夢人健大高崎
伊藤 雄紀健大高崎
井上 壱悟健大高崎
御園 英貴健大高崎
横山 陸人専大松戸
杉田 智也専大松戸
西村 卓真専大松戸
丹呉 響平専大松戸
間中 堅専大松戸

市営大宮球場 第1試合 桐光学園(神奈川2位)vs東農大三(埼玉4位) (11:30)



東農大三・飯島一徹

 この春、横浜を破った桐光学園は毎年逸材を揃える。今年の中心は投打の柱・安達 壮汰に注目。130キロ後半は出ているであろう力強い速球や、打者としてもオーバースイングにならず、広角に打ち分ける打撃は必見。

 また2番打者ながら本塁打を量産する鈴木 智也もメカニズムが良く、鋭い打球を連発する。また俊足巧打の大型遊撃手・楠本 龍聖も下位打線ながら、将来性は高く、下位打線ではあるが、ぜひ注目したい選手だ。また、1年時から注目されていた本格派・谷村 然の復活にも期待したいところである。

 対する東農大三のエース・飯島 一徹は全国トップクラスの強力打線である花咲徳栄を5失点完投勝利を挙げ、一気に評価を挙げた本格派右腕。

 真上から振り下ろす投球フォームはブレが小さく、花咲徳栄戦では1~9回まで最速は140キロ以上を計測。9回になっても最速145キロを計測しており、その馬力は本物、またキレのあるスライダーや落差抜群のツーシームもある。巧打者で、さらに機動力も高い桐光学園打線相手にどこまで実力を発揮できるか。

 東農大三打線は突出した長打力を持った野手は少なく、エースの飯島が一番の強打者なのだが、野球選手としてみれば、3番センターの加納 陸は打者としては当てる能力が高く、さらに強肩が光るセンター守備にも注目したい。

【注目選手】
安達 壮汰桐光学園
楠本 龍聖桐光学園
鈴木 智也桐光学園
谷村 然桐光学園
飯島 一徹東農大三
加納 陸東農大三

 続いて市営大宮球場2試合目と上尾市民球場1試合の見所は次ページで紹介したい。