第887回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【後編】2019年04月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]藤代、霞ヶ浦、明秀日立が入った最激戦区!
[2]実力が拮抗したチームが多く集まる

 第71回春季関東高等学校野球茨城県大会の組み合わせ抽選が19日行われた。県大会は4地区から地区予選を勝ち抜いた8チームずつ32チームと昨秋県大会の4強を合わせて36チームで行われる。

 昨秋県大会の結果に基づき、優勝の常総学院が第1シード、準優勝の藤代が第2シード、常総学院に敗れた水城が第3シード、藤代に敗れた石岡一が第4シードとなった。

 後編では、藤代水城のブロックを見ていく。

 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】

藤代、霞ヶ浦、明秀日立が入った最激戦区!



藤代エース・中山航

 藤代ゾーンは強豪がひしめき激戦が予想される。今大会、初戦で最も注目のカードが霞ヶ浦vs明秀学園日立だ。秋に上位進出できずに辛酸をなめた両校が夏のシード権獲得をかけて1回戦で激突する。

 霞ヶ浦は例年の打撃力よりも劣る一方で投手陣は福浦 太陽鈴木 寛人ら下級生時から主戦を張るエースがおり盤石。打線は小柄ながら長打力がある天野 海斗が存在感を示す。

 明秀学園日立は1番を打っていた垣入 武尊を怪我で欠くが、北野 凱士を中心に破壊力がある。その反面、絶対的エースが不在なので投手力の高い霞ヶ浦に分があるか。

 藤代は粘って守り勝つ野球を体現している。秋に霞ヶ浦撃破の原動力となったエース右腕・中山 航の仕上がり次第だ。

 水戸啓明は元プロ野球選手でコーチとして田中 将大を指導した紀藤真琴氏が今年1月から監督に就任し、采配に注目が集まる。反対の山は竜ヶ崎一が上がってきそうだ。試合を作る能力に優れる幸山 耀平を打ち崩すのは難しい。豪腕・早川 光磯原郷英)の投げっぷりは爽快。この春に要チェックだ。

【次のページ】 実力が拮抗したチームが多く集まる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第225回 大会屈指の怪腕・鈴木寛人(霞ヶ浦) リズムを狂わせた先頭打者本塁打と甲子園の重圧【ドラフト特集コラム】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
太田一 【高校別データ】
鹿島学園 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
下妻一 【高校別データ】
水城 【高校別データ】
取手一 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
水戸啓明 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
竜ヶ崎一 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム