このところの岐阜県の勢力構図は、ハッキリと4強の存在が定着している。昨秋は優勝中京学院大中京、2位大垣日大、3位岐阜第一、4位が県立岐阜商。今春も勢力構図としては春季一次予選免除のこの4校がシード校として各校の壁になっていくことは間違いない。

4強の牙城を崩すのは?



成長が楽しみな佐々木泰君(県岐阜商)

 一次予選の結果で言えば、中濃飛騨地区1位は美濃加茂で昨秋に続いての1位通過だが、それだけ力は安定しているとも言えよう。美濃加茂は初戦が昨秋旋風を巻き起こした海津明誠飛騨高山の勝者が当たる。勝ち上がればベスト8では県立岐阜商と対戦しそうだ。県立岐阜商は、鍛治舎巧監督が就任して2年目となる。2ストライクに追い込まれてから粘る打撃など、鍛治舎監督の野球がどこまで浸透してきているのか楽しみである。鍛治舎監督が1年生から期待していたスケールの大きな三塁手佐々木 泰君がどこまで成長しているのかも楽しみだ。

 東濃地区の1位校土岐商も中京学院大中京が予選免除となっていた中で1位通過と、やはり安定した力を示している。初戦の相手は大垣北帝京可児の勝者となるが、帝京可児は昨秋に続いて中濃地区2位通過だったが春の県大会では準優勝して、東海大会にも進出している。榊原愛斗君の打撃も注目される。このゾーンはベスト4を賭けて岐阜第一と争うことになりそうだ。

 岐阜第一は高倉明健君が安定している。田所孝二監督も「計算できる投手」と信頼している。その岐阜第一に挑むのが大垣西加納の勝者だが、大垣西が勝ち上がれば小出瑞稀君が高倉君と投げ合うことになりそうで、好投手戦が期待できるか。



好投手・不後 祐将君(中京学院大中京)

 中京学院大中京と岐阜地区1位の岐阜総合学園のゾーンでは、昨秋21世紀の県推薦校となった岐阜が1回戦で八百津に勝てば中京学院大中京と当たれば面白い。巧者岐阜が、県内では最も力のあると言われている不後 祐将君と藤田 健斗君のバッテリーをどう攻略していくのか興味深い。藤田君は強肩好打でもあり、そのリードも含めてプロのスカウトからの評価も高い逸材である。

 大垣日大は同じ西濃地区1位の大垣商と同じゾーンとなった。大垣日大には市立岐阜商多治見工の勝者が挑む。市立岐阜商は例年に比べるとやや粒が小さいと言われているが、果たしてどうか。大垣商大垣日大との争いとなれば、準々決勝の大垣北公園球場は盛り上がりそうだ。

 いずれにしても、昨秋の4強の一角を崩すところが現れるのかということに興味が集まる。4強が昨秋と同じであれば、それだけ安定しているともいえる。一角を崩す一番手としては美濃加茂帝京可児の中濃勢が最も可能性が高そうだ。

(文=手束 仁