第867回 決勝に進むのはどの2チーム?4校が勝つパターンを徹底予想!2019年04月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校大会は準決勝を迎えた。東邦は平成最初と最後の優勝がかかっており、残り3チームは初優勝がかかっている。決勝に進む2校はどのチームか?準決勝の見所を紹介していきたい。



決勝に進むのは?写真:共同通信

第1試合 習志野vs明豊

 ここまで冷静な試合運びを見せる習志野。ポイントはここまで17回を投げて無失点に抑える飯塚 脩人につなぐことができるか。勝負勘が優れた小林徹監督ならば投入の場面は見誤らなそう。打線は打撃好調の角田勇斗などコンタクト力が高い選手が多い。好投手揃いの明豊だが、盗塁、ヒットエンドランなどで攻略していきたい。

 明豊は初戦の横浜戦以外は自慢の打線が爆発していないのが懸念材料だ。短時間の研究で習志野投手陣を攻略できるか。飯塚の速球、キレの良いスライダーに対応ができるか。

 両チームの投手力、守備力を考えれば、3,4点勝負の試合展開が考えられそうだ。習志野は粘り強い試合運びを見せるか。明豊習志野が追いつけないぐらいの爆発力を見せられるか。

第2試合 東邦vs明石商

 東邦広陵戦から一気に打線が活気づいた。明石商の好投手・中森 俊介-水上 桂のテクニックが長けた配球に対応ができるか。中森の懸念材料は準々決勝で161球を投げていること。中1日で準決勝の登板となれば、安定したフォームで投げる中森といえども影響は避けられないだろう。2回戦で思うようなピッチングができなかった宮口 大輝は本来のピッチングができるか。ここまで少ない失点で勝ち上がった明石商も多少の失点は覚悟して臨むことになりそう。

 東邦はエースで3番の石川 昂弥は4試合目の登板が予想されるが、これまで見せてきた140キロ前後のストレートとキレの良いスライダーを外角に集める投球に加え、これまでの試合にはなかった武器を見出すことができるか。控え投手陣では右サイドの奥田 優太郎の投球がカギとなりそう。

 今のところ野球のきめ細かさ、完成度が高い明石商が有利に見えるが、東邦は持ち前の爆発力で広陵筑陽学園といった総合力が高いチームを飲み込んできた。東邦が勝利するには打撃戦を制しての形になるのではないだろうか。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム